保健管理センター

保健管理センターtopページ

正しいダイエットしていますか?目次

ダイエット常識 ウソ・ホント 目次

                       

「太るのは遺伝である」を大検証

  

 親の責任30%、自分の責任70%・・・でも、現在太っているのは、やっぱり自分のせい?
 「私は水を飲んでも太る体質なの。」とか「食べてないのに太っちゃう。」は太っている人の言い訳としてよく耳にするセリフです。しかし、本当にそんなことがあり得るのでしょうか?
 太る原因といえば、「食べ過ぎ」、「運動不足」と相場が決まっていましたが、最近、そう単純なものではないことが明らかになってきました。現在、世界中で見つかっている肥満に関係する遺伝子は、40以上あると言われています。一つ一つの関与は小さくても、組み合わさると、まさに「塵も積もれば山となる」式に肥満する確立は高くなります。


 一般的に、両親がともに標準体重である場合の子供の肥満発生率は約10%、どちらか片親が肥満の場合は約50%、両親とも肥満の場合は約80%と言われています。
両親の体型を思い浮かべて「あぁ、やっぱり太っているのは遺伝なのか・・・。」と思ったあなた、ここであきらめて開き直ってはいけません!
 確かに、体脂肪をある一定量まで蓄えられうるという能力は遺伝します。しかし、肥満体型がそのまま遺伝するというわけではありません。つまり、太りやすいという遺伝子を持った人が、太りやすい環境にあってはじめて、肥満体型が作られるのです。
 肥満もガンや糖尿病、高血圧などの生活習慣病と同じように、体質(遺伝的素因)と生活習慣(環境要因)が組み合わさった結果として発症するのです。 したがって、「どうやら自分は、家系的に太りやすい遺伝子を持っている」ということが判明したら、「どうせ体質なんだからダイエットしても仕方がない」と逆ギレして食べまくるのではなく、「体質なのだから注意しよう」に発想を転換して、適正なカロリー摂取と適度な運動を心がけてみてはいかがでしょうか。あくまでも、「太りやすい体質」が遺伝するのであって、「必ず太ることが約束された体質」が遺伝するわけではないのですから。
 心がけ次第で、肥満を解消し標準体重を維持することは可能なはずです。自分の体型を体質のせいにして、現実から目をそらしてはいけません。


●肥満遺伝子の正体
<肥満遺伝子の発見>
 1994年、フリードマン(米国)。
 遺伝性肥満マウス(ob/obマウス:いくら食べても食欲が低下せず、過食によって肥満するマウス)に正常なマウスの血液を輸血すると、食欲が低下して過食が止まるという事実から、ob/obマウスには食欲をコントロールする物質が欠けているのではないかと仮定しました。
 その後、この食欲をコントロールする物質が「レプチン」であることを突き止め、さらに、「レプチン」という蛋白質を作っている肥満遺伝子(ob遺伝子)を発見しました。<「レプチン」の役割>
 フリードマンの実験成果から、レプチンが正常に働かないマウスは、例外なく肥満することが分かりましたが、人間の場合、ob遺伝子の異常によって肥満になるということは、まだはっきりとは分かっていないようです。
 しかし、レプチンには食べ過ぎによるエネルギーを放出する働きのある褐色脂肪細胞を活性化させ、余分なエネルギーを放散させる働きがあることが分かっています。したがって、レプチンが正常な働きをしていれば、肥満防止につながることは間違いないというわけです。
 人間においても、肥満者ではレプチンに対する感受性の低下によって、食欲の抑制が困難になっていると考えられています。また、病的な肥満では、体内で作られる蛋白質の構造がob/obマウスにみられるものと非常によく似ていることが確認されています。●遺伝による肥満と関係の深い褐色脂肪細胞とは?
 脂肪細胞には、エネルギーの貯蔵庫として働く「白色脂肪細胞」と積極的に熱交換を行って脂肪燃焼につとめる「褐色脂肪細胞」があります。
太りやすい動物の中には、この褐色脂肪細胞の働きが悪いとの報告もあり、この働きは遺伝子によって決められています。
 

褐色脂肪細胞
・首の後ろや脇の下などにわずかに見られる(脂肪細胞のうち1%以下)。
・体内の余分なエネルギーを「熱」として体外に発散するレジエーターのような役割。
・低温下での体温の維持や食事によって得られたエネルギーを放出するよう働く。
 したがって、この働きが適切でないと、消費エネルギーが減少し貯蔵エネルギーが増えること
 になり、肥満形成につながる可能性がある。
・食事制限や運動療法が効かない肥満者の中には、褐色脂肪細胞の働きが低下している
 可能性もある。
・コーヒーに含まれるカフェインが褐色脂肪細胞の活性を高めるとの報告もある。
白色脂肪細胞
・一般に脂肪と呼ばれているのは白色脂肪細胞のことで、子供の頃の食生活が関係している。
・食べ過ぎによる余分なエネルギーを中性脂肪の形で体内に蓄える働きがある。したがって、
 脂肪細胞の数が多いほど体内に蓄えられる脂肪量も多くなり、簡単に肥満化しやすい。
・白色脂肪細胞が急増する時期は一生のうちに3回。
 まず最初は「妊娠末期」、次に「生後1年未満」、次いで「思春期前後(13〜15歳)」。
 この時期のエネルギーの摂りすぎには特に注意が必要。


●血液型で肥満するかどうかが決まる?
 人類の消化システムは遺伝子によって規定されており、血族によって異なっていると言われています。すなわち、A型の先祖は農耕民族、B型の先祖は遊牧民族、O型の先祖は狩猟民族AB型はA型とB型両方の体質を持つと言われています。
 この中で、A型の人は肥満化しにくく、O型及びOの因子を持つ人は肥満化しやすいと考えられており、生活習慣病を発症する確率が高いとの見方もあります。

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.