山口大学大学院医学系研究科眼科学

本文が始まります。

山口大学医学部眼科学教室の歴史

歴代主任教授

歴代主任教授
初代 浅山吾三 教授 1947年 11月~1950年 2月
2代 大石省三 教授 1950年 3月~1968年 6月
3代 小林俊策 教授 1968年 12月~1987年 3月
4代 栗本晋二 教授 1987年 8月~1993年 3月
5代 西田輝夫 教授 1993年 10月~2010年 3月
6代 園田康平 教授 2010年10月~2015年9月
7代 木村和博 教授 2016年11月~

沿革

浅山吾三教授の時代(1947年11月~1950年2月)

 山口県立医学専門学校は昭和19年,第2次世界大戦の最中,軍医養成を目的に旧宇部商業学校の木造校舎と沖の山同仁病院を母体として設立された。山口県 立医専の設立にともない,母体である宇部同仁病院の眼科部長小泊重比子先生により第1回生の眼科学講義が開始された。この時が山口県における眼科学の講義 のはじまりである。その後昭和22年5月に浅山吾三先生が講師として眼科に着任され,小泊先生を引き継がれた。

 昭和23年11月には,浅山先生は山口県立医学専門学校眼科学教授に昇任され,17ヶ月間,学生の指導と診療をおこなわれた。山口大学医学部眼科学教室の 歴史はこの時点から始まった。眼科学の講義および臨床指導が学生対象に行われていたが,フェルステルの視野計もまだなかったという。卒後教育とか研究活動 ということは全く考えられなかった時代である。

 戦後幾多の曲折を得た後に,山口県立医専は県立の単科の医科大学に昇格して存続することになった。


大石省三教授の時代(1950年3月~1968年6月)

 山口県立医科大学が設立されるにともない,昭和25年3月に大石省三教授が着任された。大石教授は昭和10年3月に満州医科大学を卒業され,終戦まで満州医科大学眼科学助教授として活躍されていた。

 大石教授が山口県立医科大学眼科学に着任されたときは,終戦後の混乱がまだ続いていた時代であった。高等小学校の焼け跡に建てられた附属病院という名の バラックで大石教授は眼科診療を開始され,その後の山口大学医学部眼科学教室創建に奔走された。眼科は正面入口から左端の突き当たりにあり,待合室,学生 用の部屋,暗室,処置室,タイル張りの手術室が連続して位置していたという。光星寿美子,佐々木佐,岩澤武,岡本一二など併設された予科の一期生が入局 し,眼科学教室がつくられていった。眼科診療に必要な光学機械はほとんどなく,これらの先生が実際の眼科臨床の基盤づくりと充実に奔走された。

 徐々に眼科臨床が充実するにつれ,眼科学教室としての研究へと教室員を指導され,当時猛威を振るっており,失明の最大の原因であったトラコーマを研究テー マとして選ばれた。当時の小林俊策講師らと共にトラコーマに始まった研究はさらにアデノウイルスによる角結膜炎やワクチニア眼症やレプトスピラ眼症の研究 へと展開され,眼感染症に関する多くの研究業績を残された。

 一方,大石教授の生まれながらの,また長い大陸生活で養われたパイオニア精神はこのような環境の中でもいかんなく発揮された。臨床活動は単に附属病院内に とどまらず,積極的に学外に出かけられ,山口県各地を精力的に回られて身体障害者の検診やトラコーマなどの眼疾患の診療を行われた。


小林俊策教授の時代(1968年12月~1987年3月)

 大石省三教授の後任として,昭和43年12月小林俊策先生が第3代の教授として助教授から昇任された。小林教授は昭和21年に満州医科大学を卒業され, その後九州大学医学部眼科学教室で研鑽を積まれ,昭和28年から非常勤講師をされたあと,昭和29年1月に講師として当時大石教授の主宰される山口県立医 科大学眼科学教室に着任された。この頃,医専と医科大学の同窓会が合併し,霜仁会が発足した。九州大学から昭和29年4月に学位を授与された後,昭和30 年11月からは助教授として活躍され,大石教授時代の眼科学教室の発展に大きく貢献された。

 この頃,我が国では吉田首相が「バカヤロー発言」をし,自衛隊が発足し,電気掃除機,冷蔵庫,洗濯機が3種の神器とよばれていた時代である。

 眼科学教室の発展や臨床検査がいずれの方向に向くかは指導者の情熱や方針も大切であろう。教室の仕事や研究はまだ若かりし小林教授とその後輩によってなさ れていた。大石教授は山口県下の僻地や都市を駆け巡り,また大学や附属病院の運営に多忙であられたが,小林助教授の学問的な蘊蓄と温情ある人柄,ウイルス 研究を慕い,門を叩き教えを乞うものが後を絶たなかった。


栗本晋二教授の時代(1987年8月~1993年3月)

 昭和62年8月に,小林俊策教授の後任として当時産業医科大学眼科学教授であった栗本晋二先生が山口大学医学部眼科学教室第4代教授として着任された。

栗本教授は昭和30年山口県立医科大学を卒業され学生時代に大石省三教授,小林俊策助教授の薫陶を受けられた。卒後,鳥取大学医学部眼科学教室で研鑽を積 まれた後,昭和36年から昭和41年3月までシカゴ大学眼研究所に留学された。先生は帰国後,昭和42年1月に神鳥文雄教授の主宰する鳥取大学助教授に就 任され,北九州市立小倉病院部長を経て,昭和53年4月に新設された産業医科大学眼科学教室の教授となられた。

 栗本教授は鳥取大学時代に糖尿病網膜症や中心性網膜症へのレーザー手術の応用,緑内障の視野に及ぼすメチコバールの長期内服効果などを一早く発表されていた。

 栗本教授が山口大学に赴任された昭和62年,利根川進氏のノーベル生理学賞受賞に湧いたが,同時にソビエト連邦ではペレストロイカがはじまり,国内ではリ クルート事件などがおこり,世相は騒々しかった。この年,眼内レンズ挿入術が保険適応となり,医療の中では眼科は快進撃をおこなっていた。

 既に教室には,大石教授時代に産業眼科学や産業医学の研究がなされていた。栗本教授は産業医学に多くの業績を残されており,現在のコンピューターが多く用いられる時代の到来を予想され,OA従事者のVideo Displayによる眼精疲労の研究に着手された。

 また同門会への情報提供の意味を含め,教室便りを創刊すると共に,平成元年度からは山口大学眼科研究会を隔月に開催し,広く医局外の眼科同門会員にも門戸を開放し,山口県の眼科の向上に貢献された。


西田輝夫教授の時代(1993年10月~2010年 3月)

 栗本教授の後任として,平成5年10月,現在の西田輝夫先生が第5代教授として着任された。西田教授は昭和46年に大阪大学医学部を卒業し,大阪大学蛋白質研究所で研究され,眼科学研究のメッカである網膜財団スケペンス眼研究所(SERI)に留学された。帰国後,大阪大学医学部眼科学教室で研鑽を積んだ後,近畿大学医学部眼科学教室の講師を務められた。

 西田先生は、『山口から世界の眼科へ。最良の医療を山口へ』という理念のもとに、臨床・研究・教育を行った。長年にわたって角膜上皮創傷治癒の研究に尽力され、特にフィブロネクチンの角膜上皮の創傷治癒促進効果に関する研究は就任時から世界的に有名であった。角膜上皮の創傷治癒に関する研究をさらに展開することに成功し、角膜上皮における神経性因子の生理作用の研究成果は、第109回日本眼科学会総会(平成9年)において「神経麻痺性角膜症(Neurotrophic Keratopathy)角膜知覚の臨床的意義に関する細胞生物学的研究」のテーマで宿題報告(現 評議員会指名講演)で報告するに至った。神経麻痺性角膜症の研究で明らかとなった角膜上皮促進作用を有する神経伝達物質サブスタンスPおよびインスリン様成長因子-1の協調作用はそれぞれの物質の最小必須単位(FGLM-NH2 および SSSR)が明らかとなり、現在では臨床治験が行われている。さらに、角膜上皮促進作用を有するフィブロネクチン由来のペプチドPHSRNの作用も明らかにし、現在臨床研究にまで至っている。さらに、角膜実質細胞の炎症反応に対する研究も幅広く行った。角膜潰瘍で角膜実質の融解をおこすのは角膜実質細胞自体であり、炎症細胞はその制御役であるという学説を様々な手法を用いて証明した。

 西田先生の数多くの研究業績に支えられた山口大学眼科では、フィブロネクチンやFGLM-NH2 + SSSR、PHSRN点眼治療などの内科的治療に加え、在職期間中1000例を超える角膜移植が行われた。山口県内のみならず広島県や北部九州・中部九州、遠くは関東や奄美大島からの患者も受診したことからも、西田先生の研究が臨床に応用され広く角膜疾患に苦しむ患者さんの治療に大きく貢献したことが伺える。

 30年以上年にわたる研究業績は、山口大学在職中に多方面から評価された。2001年には世界中の角膜研究者の中できわめて顕著な研究を長年にわたり行ってきた研究者に贈られるCastroviejo Medal(The Castroviejo Society)を受賞した。Castroviejo Medalは過去故三島済一東京大学名誉教授が受賞されただけであり、日本人としては2人目の快挙であった。さらに、2002年には西日本文化賞(西日本新聞社)、2004年にはAlcon Research Institute Annual Award(ALCON Research Institute)、2006年にはPeter Halberg Lecture(International Medical Contact Lens Council)、2007年には日本眼科学会賞(日本眼科学会)、平成19年度日本医師会医学賞(日本医師会)、2008年には第65回中国文化賞(中国新聞社)と,国内外から数多くの賞を受賞している。

 在職中数多くの国内・国際学会を主催し、日本国内の眼科学の発展にも大きく寄与した。1997年には第34回日本眼感染症学会およびマトリックス研究会、1999年には第23回角膜カンファランス・第15回日本角膜移植学会、第96回中国国眼科学会、2000年に第43回日本コンタクトレンズ学会総会、2003年にThe 5th Pan^Pacific Connective Tissue Societies Symposium、第35回日本結合組織学会学術大会、2004年に第19回日本眼内レンズ屈折手術学会、2005年に第109回日本眼科学会総会、2006年に第31回日本小児眼科学会、2007年に第30回日本眼科手術学会など数多くの全国学会を主催した。また、退任を記念して開催した山口国際シンポジウムには全世界から角膜の著明な研究者が参集し講演を行った貴重な機会は記憶に新しい。山口国際シンポジウムに参集した演者にCastrovoiejo Medalistが西田先生を含めて8人含まれていたことは特筆すべきである。

 退任後は山口大学副学長として大学全体の運営に携わり、さらに広い視点から多くの研究者の研究を支えている。


園田康平教授の時代(2010年10月~2015年9月)

 西田輝夫先生の後任として、平成22年10月に園田康平先生が着任された。園田先生は平成3年に九州大学を卒業後、直ちに九州大学眼科学教室に入局、平成5年より九州大学医学部大学院、平成9年よりハーバード大学スケペンス眼研究所に留学され免疫学に関する幅広い研究を行われた。平成13年より九州大学大学院医学研究院眼科学助手、平成19年に講師、平成22年に准教授を歴任された。
 園田先生の眼炎症に関する研究は日本国内のみならず国際的に評価が高い。特に角膜移植拒絶反応におけるNKT細胞の関与に関する研究、眼炎症性疾患における炎症性サイトカインの関与に関する研究などは世界でもトップクラスの研究と評価されている。第111回日本眼科学会総会における宿題報告(現評議員会指名講演)における「眼の感染と免疫」は,ぶどう膜炎および脈絡膜新生血管病における炎症性サイトカインの役割とその治療戦略への応用を示す画期的な報告であった。ぶどう膜炎の診療・研究に加え、網膜硝子体疾患の診療・研究にも積極的に尽力されており、数多くの硝子体手術を施行している。鹿児島大学 坂本泰治先生との研究であるトリアムシノロンを用いた硝子体手術は全世界的に広く用いられている手法である。

 園田先生は、西田輝夫先生が築き上げた人材と研究設備を引継ぎつつ、山口大学眼科に免疫学とぶどう膜炎診療の大切さを浸透させ、研究、臨床、教育へ尽力された。
 医局員一人一人と真摯に向き合ってコミニュケーションをとることをモットーとし、大学と関連病院の医局員同士の交流を積極的に推進されるなど、各々のワーク・ライフバランスを最重要視された。

 研究では、ぶどう膜、網膜硝子体関連の基礎研究を立ち上げ、在職中の4年間に6名が大学院に入学し、3名の医局員をロンドン大学、ハーバード大学へと留学させた。さらに、中国、ベトナム、マレーシアからの留学生を受け入れるなど、常に世界に目を向け、山口発の新たな知見を発見することを目標に日々研究に勤しんでいる。

 臨床では、4診体制であった外来診察室を7診体制にするべく大幅な改装工事が行われた。外来中央に位置する第3〜7診察室を連結させることで、診察室間を移動しやすい構造となった。教授・上級医が、すべての診察ブースを行き来して一緒に診察を行う診療-教育システムが確立されたことで、研修医が大学病院での外来診察に専念できる環境が整えられ、紹介された初診の難症例を指導医管理責任の下で診察できるようになり、研修医の積極性を引き出すこととなった。このシステムにより、患者さんの満足度は高くなり、若いドクターも著しく成長した。

 教育では、医学部学生の将来を見据えて、自己開発コースから大学院での学位取得までを目指す一貫性のある学生指導を行った。ポリクリの臨床実習では,診療技術から医師としての心得までを指導しながら,学生と一緒に外来診察室を行き来し,熱心に学生指導を行った。この熱心な学生指導は他の医局員にも広がっていき,学生の満足度調査で最優秀科賞を受賞、クリニカル・クラークシップでは眼科希望が多く、採択率が最難関の人気科となった。

 このように眼科学教室内外から高く評価され、新しい診療体制、研究体制を確かなものにしつつあったが、2015年9月、母校である九州大学眼科学教室の指揮をとるべく、主任教授として異動となり、惜しまれつつも山口大学を退任となった。

本文の終わりです。