山口大学大学院医学系研究科眼科学

本文が始まります。

研究内容と実績

研究業績

受理された論文

筆頭著者,共同著者:タイトル・章名.雑誌名・著書名

Nomi N,Ota M,Fukumura M,Nuno Y,Hatano M,Wakuta M,Yanai R,Kimura K:Indocyanine green angiography findings of cystoid macular edema secondary to paclitaxel therapy.Jpn J Ophthalmol,in press

Kimura K,Orita T,Kobayashi Y,Matsuyama S,Fujimoto K,Yamauchi K:Concentration of acute phase factors in vitreous fluid in diabetic macular edema.Jpn J Ophthalmol

Yanai R,Harada D,Uchi SH,Yamashiro C,Orita T,Sonoda KH,Kimura K:Poor prognosis of elderly individuals80 years of age with acute retinal necrosis.Am J Ophthalmol Case Rep

業績
原著 総説 著書 一般口演・
ポスター発表
特別・招待・教育講演など シンポジウム・インストラクション・ワークショップなど その他
2017年 2017年 2017年 2017年 2017年 2017年
2016年 2016年 2016年 2016年 2016年 2016年 2016年
2015年 2015年 2015年 2015年 2015年  
2014年 2014年 2014年 2014年 2014年 2014年  
2013年 2013年 2013年 2013年 2013年 2013年 2013年
2012年 2012年 2012年 2012年 2012年 2012年  
2011年 2011年 2011年 2011年 2011年 2011年
2010年 2010年 2010年 2010年 2010年 2010年  
2009年 2009年 2009年 2009年 2009年 2009年  
2008年 2008年 2008年 2008年 2008年 2008年  
2007年 2007年 2007年 2007年 2007年 2007年  
2006年 2006年 2006年 2006年 2006年 2006年  
2005年 2005年 2005年 2005年 2005年 2005年  
2004年 2004年 2004年 2004年 2004年 2004年  
2003年 2003年 2003年 2003年 2003年 2003年  
2002年 2002年 2002年 2002年 2002年 2002年  
2001年 2001年 2001年 2001年 2001年 2001年  
2000年 2000年 2000年 2000年 2000年 2000年  
1999年 1999年 1999年 1999年 1999年 1999年  
1998年 1998年 1998年 1998年 1998年 1998年  
1997年 1997年 1997年 1997年 1997年 1997年  
1996年 1996年 1996年 1996年 1996年 1996年  
1995年 1995年 1995年 1995年 1995年 1995年  
1994年 1994年 1994年 1994年 1994年 1994年  
1993年 1993年 1993年

本文の終わりです。