保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

よくかかる病気と応急処置 目次

                       

やけどをしたとき

 

やけど

 やけどの程度は「広さ」「深さ」「部位」によって決まります。成人場合で、2度と3度のやけどの広さの合計が全体表面積の20%以上、子供や老人で10%以上やけどをしている場合、熱気をおびて気道がやけどしているなど重症の場合は、一刻も早く医師に診てもらう必要があります。

 一般的なやけどで軽傷の場合は、できるだけはやくやけどした部分を水で冷やします。痛みや熱さがなくなるまで十分冷やしてください。

やけどの深さのみかた

 

外見と症状

第1度

皮膚が赤くなりひりひりする

第2度

水ぶくれができ、表面がくずれる。やけるような強い痛みがある

第3度

皮膚が白くなる                    やけどをしたところにはほとんど痛みを感じないがその回りには痛みがある

(一般的やけど)

  • 流水でひやす                     

  • 刺激が強い場合やけどしたところに直接水圧がかからないよう洗面器などにひたす

  • 服がもえるやけどの場合は着たままの状態で水をゆっくりかける

  • 広範囲でやけどした場合ホースやバケツで水をかけるか、水につけた清潔なシーツなどでやけどしたところをひやす

(薬品によるやけど)

  • 化学薬品などをかぶった場合は、体についた薬品を流水でよく洗い落とす

  • 目に入った場合、絶対にこすらない

  • 必ずやけどした方の目を下にして流水で洗い落とす

 冷やしすぎないように注意し、冷やした後はやけどした部位に清潔なガーゼ、又は布などをあて医療機関へ

 水ぶくれをつぶしたり、くずれた皮膚を取り除いたりしない(感染を起こしやすくなる、なおりが遅くなる)

 やけどした部位にアロエやみそをつけない

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.