保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

よくかかる病気と応急処置 目次

                       

感電したとき

 ぬれた床の上ではないかなど、安全が確認されたら電源を切り、感電している人が原因となる電源にふれていないことを必ず確認し、濡れた手でさわらないなどそれ以上の事故が起きないように注意します。

電源を切る 配電盤、ブレーカーを切る、コンセントからプラグを抜く

感電の恐れがあるときは

 ゴムマット、電話帳など乾燥したものの上に立って絶縁し、ゴム手袋、長靴、木などの絶縁体を使って原因となる電源や電気製品をはなす。

 安全が確認されるまでけっして素手でさわらない

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.