保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

よくかかる病気と応急処置 目次

                       

捻挫・骨折・突き指/アキレス腱を切ったとき

 

捻挫・骨折

 捻挫は関節が外れかかって、もとへ戻った後、関節をつなぐ靱帯が損傷した状態で、ひどいときは靱帯が切れたり、骨折を伴うものがあります。症状は、痛み、腫れ、皮下出血が主なものです。骨折は、骨が折れた状態で、症状は捻挫とほぼ同様ですが、変形をしばしば起こします。

 捻挫か、骨折かの判断は、レントゲン検査でないと詳しくはわかりませんので、整形外科受診を

突き指

 指を強くついたときにおこる指の関節の捻挫ですが、一般に軽く見られがちです。放置せずRICE処置を行いましょう

 突き指後、指を強く引っ張る人がいますがこれは症状を悪化させますので、絶対にしないでください

RICE 処置

 突き指・捻挫、あるいは骨折が疑われる場合はRICE処置をしましょう。この処置は、悪化を防ぎ、腫れや内出血を抑えます。

 

アキレス腱を切ったとき

 つま先をのばした状態で副木を当て固定する、立ったり歩かせないようにして病院へ

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.