保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

よくかかる病気と応急処置 目次

                       

いろいろな中毒

 

家庭用品による中毒

 牛乳や水を飲ませて手当しますが、吐かせるとのどをただれさせたり、むせて肺に入ったりする危険があるので、吐かせてはいけない場合があります。

吐かせてはいけない場合

  • 強い酸、アルカリ液、ガソリン、灯油、殺虫剤、洗剤などを飲んだとき
  • 何を飲んだか分からないが口がただれているとき
  • 意識がない場合

 

アルコール中毒

 大学生がよく体験するのが、急性アルコール中毒です。「一気のみ」のように大量のアルコールを短時間に飲むと、おこりますがひどい場合は死に至るケースもあり、自殺行為だともいえます。応急処置も大切ですが、無茶な飲み方はしないということを肝に銘じてください。

 症状は吐き気、嘔吐、めまい、動悸、血圧低下、意識障害です。

応急処置は・・・・

  1. 絶対に一人にしない
  2. 衣服をゆるめて楽にする
  3. 毛布などをかけて、保温する
  4. 吐き気があれば、顔を横にむける
  5. 吐きそうになったら、横向きのまま吐かせる

医療機関へ行くとき

  1. 大いびきをかいて、呼んでもつねっても起きない
  2. 顔色が悪く、とろんとして、名前を呼んでも全く反応がない
  3. 体温が下がって全身が冷たい
  4. 呼吸が異常に速くて浅い、または、異常にゆっくりで時々しか息をしない

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.