保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

よくかかる病気と応急処置 目次

                       

日射病・熱射病

 

熱中症とは

 気温や湿度の高いところで、激しい運動や仕事をしたり、長時間日光を浴びると、「めまい」や「吐き気」、「頭痛」、さらには「意識障害」といった症状が現れることがあります。こうした高温多湿の環境下でおこる、様々な体の障害を総称して「熱中症」といいます。

 一般に「日射病(直射日光の下に長くいたために発生した場合)」や「熱射病(高温多湿の環境下で発生した場合)」ともいわれます。

いろいろな熱中症

病名

仕組み

症状

熱けいれん

 汗を大量にかいたとき、水分のみを補給して、塩分を補給しないと、血中の塩分濃度が低下して、筋肉がけいれんを起こす。

 腕やかた、脚など筋肉のけいれん、吐き気、嘔吐、めまい、口の渇き、頭痛

熱疲労

 体温の上昇により「血管が拡張する」ことと、また、汗を多量にかいて「血液の量が少なくなる」ことの2つにより血圧が低下し、血液の循環がうまくいかなくなる。

 頻脈、血圧低下、めまい、頭痛、吐き気、意識障害、体温の上昇

狭義の熱中症

 体温の上昇が激しいため、熱の放散が追いつかず、体温調節機能が働かなくなり、心臓や脳など、体の中心部に熱がこもる

 発汗停止、意識障害、体温上昇、心不全、肺水腫、腎不全、多臓器障害

熱中症の応急手当

体温を下げる

水分を補給する

衣類をゆるめる

涼しいところに運ぶ

氷嚢を首や脇の下脚の付け根にあてる。アルコールを浸したガーゼを体に当てて、扇風機で風を送るものよい

意識のある場合、スポーツドリンクや、0.1%の食塩水など、塩分を含んだものを飲ませる

衣服のボタンやベルトを緩める。重傷の場合は、全部脱がせるくらいのほうが効果的

風通しのよいところ、クーラーが利いた車の中など、涼しいところに移動させる

  体温が上昇し、意識障害がある場合は、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。熱けいれんでも、けいれんがおさまったあともけいれんを起こした部位に痛みが残るようなら、筋肉が溶解しているおそれがあるので医療機関へいきます。

熱中症の予防

帽子をかぶる

ゆったりした服装にする

水分と塩分を十分補給する

高温多湿の日に注意する・・気温が30度以上になると、体温が下がりにくく、湿度が高いと、汗をかいてもなかなか蒸発しないので効率よく体温が下がりません。湿度が75%以上の状況では特に注意しましょう

 

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.