保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

よくかかる病気と応急処置 目次

                       

めまいがおきたとき

 

めまい

 三半規管が障害をうけて自分の周囲がぐるぐる回るように感じられる回転性めまいと、一時的に脳へいく血液料量が不足するために、体がふらふらしたり立ち上がったときに目の前が暗く感じる非回転性めまいの2種があります。回転性めまいでは、脳貧血、起立性低血圧、メニエル病、小脳疾患などが、非回転性のめまいの原因としては、ストレス、不安、自律神経失調症などがあります。

めまいの応急処置

  • 風通しのよいところで衣類をゆるめ、患者の一番楽な姿勢で枕はしないで休ませる。
  • 歩行中なら安全な場所で立ち止まり、できればしばらく座って眼を閉じる。
  • 気分が悪くなったら無理をせず頭を下げてしゃがむ

  いきなり倒れたり、高いところから落ちたりするおそれがあるので無理をしないようにする

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.