保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

女性の健康管理 目次

                       

胸のしこりで心にしこりを残さない

 

胸のしこりは必ずしも乳癌ではないが…

ある日、何気なく胸をさわったら、何か硬いしこりが触れた。もしかして「乳癌?」。不安そうな顔で、大慌てで保健管理センターの戸をたたく。診察の後、外科を紹介され受診。検査の結果は「乳腺の線維腺腫」。特別な治療もなく、ほっとした顔で帰って行く…。そんな女子学生を、年に数例は経験します。このように胸にしこりがあっても必ずしも「乳癌」というわけではありません。特に10代後半〜20代の若い女性の場合は「線維腺腫」という良性の腫瘍で心配ないものがほとんどです。

おもな乳房の病気の種類

病名

好発年齢など

おもな症状

乳腺痛症

月経前など

しこりはない

月経前に痛みがある

乳腺炎

授乳期

傷からの細菌感染

痛み・発熱・発赤・腫れ

線維腺腫

15歳〜35歳

しこりは境界鮮明でコロコロとよく動く。

痛みはほとんどない

乳腺症

30歳〜50歳

境界不明瞭なしこりが両側にある

痛み・緊張感がある

乳癌

40歳〜70歳

しこりは境界やや不鮮明で表面凹凸不整

痛みはなく、あまり動かない

 線維腺腫は乳腺に最も多い良性の腫瘍です。10代後半から30代前半によくみられ、女子学生が「乳房のしこり」といえば、これがほとんどです。特別な治療も不要、経過観察を行うのみです。乳腺症は、30歳以上に多く、乳腺組織の細胞が萎縮や増殖などの異常で、少しづつ組織が硬くなることによって生じます。症状はしこりの他、乳頭から黄色や濁った分泌物が出ることもあります。乳癌は乳腺にできる悪性の腫瘍で、乳腺症や線維腺腫と同じくしこりができますがほとんど痛みはなく、境界やや不鮮明で表面が凹凸不整です。乳房の皮膚や乳頭がへこんだり、乳頭から血の混じった分泌物が出ることもあります。また、腋の下のリンパ節にしこりができることもあります。

男性にも「乳癌」や「しこり」はある?

 非常にまれですが、男性の乳癌は存在します。その他、思春期の男子によくみられる乳房の異常に「女性化乳房」があります。これは乳輪の下に圧痛のある小さい円盤状のしこりが乳房にできるもので、原因は生理的なもの、内分泌の異常をきたす病気や薬物の服用によるものがあります。生理的なものでは1〜2年以内にしこりは自然に消え、原因疾患があるものでは、その病気の治療を行うと数週間以内に小さくなります。

胸のしこりで心にしこりを残さない

 若いうちは乳房のしこりも問題がないものがほとんど…といっても、動物性脂肪摂取の増加や妊娠・出産の高年齢化、未婚女性の増加等で乳癌は増えています。他の癌同様、早期発見が治癒率を高めますが、体の外側からわかるだけに、早期発見はあなたの手による自己検診にかかっているといって過言ではありません。定期的に自分の乳房に触れて自己検診し、しこりなど異常をみつけたら、あわてず、しかし、決して放置はせず、心にまでしこりを残したままにしないように、できるだけ早めに保健管理センターに相談するか、医療機関を受診してください。

 

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.