保健管理センター

保健管理センターtopページ

ヘルスメンテナンスしましょう 目次

 

 

                       

健康診断結果の見方

 検査結果の判定を手にして、異常なしで安心する方、思わぬ以上箇所に驚く方、様々だと思いますが、健康診断「異常なし」といわれるのは案外少数で、何らかの注意事項があったり、精密検査が必要といわれることの方が多いものです。

 また、「健康診断」といわれますが、これらの検査だけで体のすべてが健康かどうか判断できるものではなく、これらの結果から分かることは、「各臓器がうまく機能しているか」を知る手がかりにすぎません。また、検査項目もかなり限定されたものであり、真に健康であるかについては別なのです。

★「異常なし」は「心配なし」???

 以上のようなことから、「異常なし」とはいっても「検査した範囲内では他の正常な人たちと同程度の結果でした」という意味にすぎません。

 結果の判定に一喜一憂するよりも、将来のためにいかに上手にデータを利用するかということが大切です、検査結果は保存して、比較できるようにしておくと便利です。医師も過去のデータとの比較により、正常、異常の判断がつけやすいようです。

★「異常あり」・・・・でも自覚症状なんてないのですが!?

 多くの種類の健康診断が行われていますが、これらは健康であると思われる人の隠れた病気の発見が目的となっています。「要精査」の指示があれば、必ず再検査を受けて詳しく調べてもらいましょう。その結果、病気でないことが確かめられれば安心できますし、万一、病気が発見されても、初期であることが多く、早期治療ができ回復への早道になります。

尿検査とは

尿蛋白

尿糖

尿潜血

尿ウロビリノーゲン
 便の検査とは・便潜血反応

 

 

 

 
 血液一般検査とは

白血球

赤血球

血小板 ヘモグロビン・ヘマトクリット
血液生化学検査とは

 血糖

グリコヘモグロビン

血清総蛋白(TP)

アミラーゼ

γ−GT(γ−GTP)

AST(GOT)/ALT(GTP)

尿酸

 
総コレステロール

HDLコレステロール/          LDLコレステロール

中性脂肪

 

★メタボリックシンドロームと指摘されたのですが・・・・

 

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.