保健管理センター

保健管理センターtopページ

職員の方へ

 

                       

長時間労働による健康障害防止のための 面接指導自己チェック票

 長時間の残業など、過重な労働が続くと、脳・心臓疾患を発症する危険が高まるといわれています。このような健康障害を防止するため、労働安全衛生法に基づいて、労働者は申し出により、医師による面接指導を受けることができます。

 

 面接指導の対象となる方・・・時間外・休日労働時間が1月当たり100時間を超え、申し出た方。

 

 セルフチェック票は、自分で仕事による負担度の点数が求められるようになっています。労働時間の長短や、面接の希望の有無に関らず、自己管理のためにお役立てください。

 

                自己チェック票

               (財)産業医学振興財団 より

 

※チェック後の相談につきましては山口大学職員に限定とさせていただきます。

 

 

 

チェック票(PDFファイル)はこちらから

 

PDFファイルをご覧になるには Adobe Acrobat Reader が必要です。

 

 

山口大学保健管理センター

〒753-8511 山口市大字吉田1677-1 TEL 083-933-5160

このページは山口大学(保健管理センター)が作成し管理運営しています。 このページへのリンクは自由です。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。メール相談上の注意(必ずお読み下さい)

(C)2004 YAMAGUCHI UNIVERSITY. All rights reserved.