教室のあゆみ

沿革

1951年10月
山口県立医科大学臨床病理学講座新設
1983年4月
山口大学医学部臨床検査医学講座新設
2001年4月
大講座制の導入と大学院応用医工学系の新設によって、臨床検査医学講座は医学部特殊専門領域腫瘍病態学講座(臨床検査医学)および大学院応用医工学系デジタル情報制御医学講座(遺伝子診断学)となる。
2006年4月
大学院医学系研究科への改組に伴い、情報解析医学系学域臨床検査医学分野となる。
2008年4月
学内の要請により分野名が変更され、臨床検査・腫瘍学分野となる。
2016年4月
大学院医学系研究科の改組に伴い、臨床検査・腫瘍学講座となる。


歴代教授

山口県立医科大学臨床病理学講座(我が国最初の臨床病理学講座)

1951年10月-1967年5月  柴田 進

山口大学医学部臨床検査医学講座

1983年  6月-1989年3月  宮地 隆興
1989年12月-1999年3月  大庭 雄三
1999年11月-2012年3月  日野田 裕治

山口大学大学院医学系研究科 臨床検査・腫瘍学講座(分野)

2013年11月-       山﨑 隆弘