山口大学医学部附属病院 看護部
HOME
看護部のご紹介
求人・キャリア開発
病棟風景
インフォメーション
 
新採用者へのサポート体制



新採用者への院内継続教育

 厚生労働省から提示された「新人看護職員研修ガイドラン」に沿った教育プログラムを組み、継続教育を行っています。ほとんどの研修は勤務時間内に実施しています。




新採用者への手厚いサポート体制



1.新採用者の育成に特化した教育支援(継続教育支援室)
 平成19年度より継続教育支援室を設置し、新人看護師に対して看護専門職としての育成や精神的支援を行っています。現在は、専任の看護師長と副看護師長の計2名で教育委員会や教育担当副看護師長会と連携して継続教育支援を行っています。平成24年度から新人看護師対象看護技術指導者チームの看護師と一緒に、年間12回の「看護技術演習と2回の「多重課題シミュレーションを企画・運営しています。また、平成25年度からは新たに「職場にスムースに適応できる」「社会人として必要な知識や力を身につけることを目的に4回の「新人サポート研修を開始しました。

2.新人看護師対象看護技術指導者チーム



3.就職前の看護技術指導
採血,点滴セット,ポンプの使用,etc
「新卒看護師は,104項目の基本看護技術中,4つの技術しか自信がない」(日看協2004)と言われています.
本院では,就職前から技術の不安を軽減させるため,スモールグループにチューター(副看護師長)を付けて丁寧に指導します.

4.新人対象の継続教育の充実
指導者は新人教育担当副看護師長で,新人教育の研修済みスタッフ.看護部で準備する年間合計:35時間.その他,不定期で基礎的な看護技術や先端医療機器に対する個別な研修を実施.

5.プリセプター制度の充実
プリセプターにも支援者を付けて,プリセプターとプリセプティの2人を援助.病棟全員で新採用看護師を支援する雰囲気づくりに努力しています.

6.病棟以外でも「悩み相談」看護部管理室への相談
病院の「看護師悩み相談(直通電話)」体制を設け,病棟以外でもメンタルサポート体制を大切にします.特に,就職後初めて夜勤業務に入る時期は,精神的ストレスの緩和に留意しています.

7.チャレンジプランを利用した,看護師長との相談面談
モチベーションの持続と近い将来のキャリアの実現を目指しています.臨床経験5ー7年目でもキャリア志向の高い看護師には認定看護師,CNSなどの大学院進学をサポートしています.保健学科大学院CNSコース(救急看護)(がん看護)が設置され,受験する看護師も増えています.









[ HOME ]

山口大学医学部附属病院 看護部 〒755-8505 宇部市南小串1-1-1 TEL:0836-22-2679 Fax:0836-22-2758
このページは山口大学医学部附属病院 看護部ホームページ担当が管理しています。 このページへのリンクは自由です。
Copyright c 2008 Department of Nursing, Yamaguchi University Hospital. All rights reserved.
email
 
HOME 交通アクセス お問い合わせ