山口大学医学部附属病院 看護部
HOME
看護部のご紹介
求人・キャリア開発
病棟風景
インフォメーション
 
先輩看護師の声





先輩看護師からのメッセージ


副助産師長
就職してから産婦人科に勤務しており、助産師として一貫したケアに携わることができていることを感謝しています。総合周産期母子医療センターである当院では、ハイリスクの妊産褥婦さんに対応できる知識、技術を兼ね備えることはもちろんですが、2010年から開設した助産外来ではローリスクの妊婦さんへのケア能力も求められチーム一丸となって勉強を重ねています。私自身、働きながら、大学院へ進学させて頂き、保健学や助産学をさらに学ぶ機会を得ることができました。また、助産師ラダー取得の環境も整っており、アドバンス助産師8名が在籍しています。妊産褥婦さんに寄り添い、ともに考え、あたたかいケアができるように努めていきたいと思います。


中堅看護師
 私は、循環器、呼吸器、消化器、小児外科の病棟で働いています。看護師、医師、他職種スタッフとチーム一丸となり、患者さんの自分らしい生活、人生を送るための選択ができるようにサポートに努めています。忙しい毎日ですが、スタッフはいつも笑顔でお互いが声をかけ合い、協力しながら働いていることが自慢です。新人さんが安心して成長できるように病棟全体で関わっており、そのなかで私たちも新人さんから刺激をもらっています。また、キャリアアップ支援体制も整っていて、前向きで向上心のあるスタッフが多く、日々やりがいを感じて働ける職場です。


育児と仕事の両立を頑張る看護師
3児の子育てをしながら育児短時間制度を利用しながら働いています。忙しい日々ですが、ほぼ定時で仕事を終えることができ、夫の仕事とも調整し、夜勤も無理なく行えています。師長をはじめ、スタッフの理解・協力があるので仕事と育児の両立ができ長く働ける職場だと思います。


3年目看護師
救命救急センターで勤務して3年目になります。緊急搬送されてきた患者さんの対応や急性期の集中治療が主な職場で一人では困惑することがありますが、経験豊富な先輩方に支えられながら、チーム一丸となって看護に取り組んでいなす。また、病棟での勉強会や救急ラダー等があり、病棟全体で新人を育てていく意識が高く、自身のスキルアップのための環境も整っています。日々、自身の成長ややりがいを感じて働くことのできる職場だと思います。


2年目看護師
私は現在、消化器内科と神経内科の混合病棟で働いています。ペアラウンド制であり、患者さんへのケアも先輩看護師と1つずつ確認しながら行えるため自分の成長にもつながり日々勉強になります。また、看護カンファレンスでは、患者さんへの関わり方や看護ケアについて等、継続した看護実践が行えるように看護師一人ひとりの意見も聞くことができます。日々、学ぶことが多く、大変な場面もありますが、患者さんとの関わりの中で看護師になってよかったなと感じられ、生き生きと働ける環境です。




[ HOME ]

山口大学医学部附属病院 看護部 〒755-8505 宇部市南小串1-1-1 TEL:0836-22-2679 Fax:0836-22-2758
このページは山口大学医学部附属病院 看護部ホームページ担当が管理しています。 このページへのリンクは自由です。
Copyright c 2008 Department of Nursing, Yamaguchi University Hospital. All rights reserved.
email
 
HOME 交通アクセス お問い合わせ