Patrick Geddes 略年譜

 ゲディスの部屋へ戻る


(略年譜の記述は、Volker M. Welter "biopolis -Patrick Geddes and the City of Life-"The MIT Press 2002から、斜体は本文から
写真は主として、Philip Boardman "The worlds of Patrick Geddes : biologist, town planner, re-educator, peace-warrior" Routledge and K. Paul, 1978から
茶色字の記述は、他の資料(上記Boardmanを含む)からの補足)

period

1854-1880

1881-1890
1891-1900
1901-1910
1911-1920
1921-1932

 

1854 Geddes born in Ballater, west Aberdeenshire, Scotland; three years later family moves to Mount Tabor, a cottage near Perth

スコットランドの西アバディーンシア、Ballaterで生誕。三年後、家族パース 近郊の山荘 マウント・テイバーに移住(1857)。

ゲディスお気に入りの眺め

1859   チャールズ・ダーウィンが『種の起源』を出版
1862-1870 attends Perth Academy パース・アカデミーに在籍。
1868-1912   明治時代
1871 begins an eighteen-month (unfinished) apprenticeship with the National Bank of Scotland スコットランド国立銀行での18ヶ月の見習い。(未終了)
October 1874 studies in Botany and the Natural Sciences at Edinburgh University, leaves after one week エジンバラ大学で植物学と自然科学を学ぶが、一週間で去る。
Winter 1875 studies of zoology under Thomas H. Huxley at Royal School of Mines, London; subsequently works as demonstrator at University College, London

トーマス・ヘンリー・ハックスリー のもとで動物学を学ぶ(帝立鉱業学校, ロンドン); 続いて、ロンドン大学 で 実験助手として働く。

トーマスは小説家のオルダス・ハックスリーの祖父

1878 works under Professor Henry de Lacaze-Duthiers at marine biological station, Roscoff, Brittany; meets there Charles Flahault, later Professor of Botany at Montpellier University アンリ・ド・ラカーズ・デュティエ教授の下で 海洋生物学研究所で働く。 (ブルターニュのロスコフ)
そこで後にモンペリエ大学植物学教授となるシャルル・ フローラウト と出会う。

1878-1879

studies biology at the Sorbonne and histology at Ecole de Médicine, Paris (autumn and winter)

attends lectures by Edmond Demolins where he learns about Frédéric Le Play's social theory.

ソルボンヌで、生物学を、エコール・ド・メディシン で組織学を学ぶ。パリ (秋、冬)

エドモン・ドモラン の講義に出席し、そこで フレデリック・ル・プレの社会学理論を学ぶ。

October1879-April 1880

scientific research work in Mexico; temporary blindness, invention of thinking machines

メキシコで科学的調査に従事。 一時的失明。
思索機械(thinking machines)の発明。

1879-1880 失明、帰国途上で視力回復

1880 works as demonstrator in practical botany and vegetable histology at Edinburgh University エジンバラ大学で、実践的植物組織学の実験助手として働く。
1881 The Classification of Statistics and Its Results by Geddes ゲディス『統計学の分類とその結果』出版
1882 Geddes in contact with Fellowship of New Life, introduction to Indian philosophy and religion 新生活団(インド哲学と宗教の入門)と接触。
1883 Botanic Garden at Grange House School, Edinburgh, first garden design by Geddes エジンバラのグレンジ・ハウス・スクールの植物園
=ゲディスによる最初の庭園設計。
1884

An Analysis of the Principles of Economics by Geddes

John Ruskin, Economist by Geddes

involved in founding of Edinburgh Social Union, philanthropic organization for relief work in Edinburgh's Old Town

ゲディス『経済学原理の分析』出版

ゲディス『経済学者 ジョン・ラスキン』出版

エディンバラ社会組合(エディンバラのオールド・タウンにおける失業対策事業のための慈善組織)設立に関与

1885 lecture on "Conditions of Progress of the Capitalist and of the Labourer"(published 1886) at Industrial Remuneration Conference in London; other speakers are William Morris and Alfred Russel Wallace ロンドンの産業報酬会議で「資本家と労働者の進歩の条件」(1886年出版)について講義
他の講師に ウィリアム・モリス および アルフレッド・ラッセル・ウォレス
1886

marries Anna Morton; moves from Princes Street into James Court in Edinburgh's Old Town

travels with friend and benefactor James Martin White to Athens, Rome Venice, Constantinople, and Cannes (February to April)

Peter Kropotkin visits Geddes at his new home

"Theory of Growth, Reproduction, Sex and Heredity," outlines Geddes's theory of cell metabolism

アンナ・モートンと結婚;プリンセス・ストリートからエディンバラのオールド・タウンのジェームスコートに転居

友人かつ後援者でもあるジェームス・マーティン・ホワイトと アテネ、ローマ、ヴェニス、コンスタンチノープル、カンヌ に旅行(二月から四月)

ピョートル・クロポトキン、ゲディスの新居を訪問

「成長、再生、性、および遺伝についての理論」は、ゲディスの細胞代謝論を略述している。

1887

birth of Norah Geddes (1887-1967)

Every Man His Own Art Critic at the Manchester Exhibition by Geddes

opening of Edinburgh's first university hall of residence in the refurbished building No. 2, The Mound

ノラ・ゲディス (1887―1967) 誕生。

ゲディス「Every Man His Art Critic at the Manchester Exhibition」を発表。

ザ・マウンド の建物をエディンバラの最初の大学学生寮に改装する。

1888

Co-operation versus Socialism by Geddes

James Martin White Chair of Botany endowed at University College, Dundee; Geddes accepts chair with teaching obligation only during winter term (Geddes resigns from chair in 1919)

ゲディス「Co-operation versus Socialism」が発表される。

ダンディー大学の植物学の教授であるジェームス・マーティン・ホワイトに、教授の職を付与され、 冬学期のみ教える。 (1919年、ゲディスこの職を辞す。)

1889

The Evolution of Sex by Geddes and J. Arthur Thomson

‘Vivendo Discimus’
This Latin inscription above the archway means ‘By Living We Learn’, and dates to 1889 when Patrick Geddes, started the first Edinburgh University summer schools.

性の進化』 J. アーサー・トムソンとの共著。

夏目漱石が言及した図式

リドルス「生きることによって学ぶ」

 

1890 purchases Ramsay Lodge, Edinburgh, former home of Scottish poet Allan Ramsay, and adjacent properties

エディンバラにあるラムゼイ・ロッジ(スコットランド詩人、アラン・ラムゼイの旧宅と近接する土地)を購入。

ラムゼイ庭園あるいは大学ホール

1891

birth of Alasdair Geddes (1891-1917)

first summer school in Edinburgh, after Geddes had offered summer courses at Granton Marine Station since 1885; last summer school takes place in 1899

アラスター・ゲディス (1891―1917)誕生。

エディンバラで最初のサマー・スクール(1885年以来 グラントンの海軍基地 でサマー・スクールを開講していた)最後のサマー・スクールは、1899年。

1892

purchase of Short's Observatory near future Ramsay Garden; building subsequently refurbished as Outlook Tower

Originally the Arbor Saeculorum was conceived for a stained glass window, which Geddes incorporated into the Outlook Tower in Edinburgh in 1892.

foundation of Old Edinburgh School of Art, John Duncan, director; school ceases to exist in 1900

ショートの展望台(ラムゼイ庭園予定地の近く)を購入。
その後に、Outlook Towerとして改装される。

アウトルック・タワーのステンドグラス窓として「世紀の樹木」(Arbor Saeculorum)を構想して制作。

旧エジンバラ芸大の創立、校長はジョン・ダンカン。 1900年まで存続する。

ダンカンの泉

1892-1894 building of Ramsay Garden complex, Edinburgh, architects Samuel Henbest Capper and Sydney Mitchell and George Wilson エジンバラの建築家 Samuel Henbest Capper、Sydney Mitchell 、George Wilsonらによる Ramsay Garden complex 建造
1893 renovation of Riddle's Court (acquired in 1889); this project marks a series of similar undertakings in Edinburgh's Old Town after the initial refurbishment of the first university hall of residence in 1887

リドルス・コートの修繕(1889年取得)
この計画は、1887年の最初の大学寮の改修の後、エディンバラのオールド・タウンにおける、一連の同様の事業の一環。

 

1894 opening of Ramsay Garden with a performance of a "Ceremony of the Torch" (April) ラムゼイ庭園 のオープニングに際して、 「松明のセレモニー」が催された。(四月) 
1895

birth of Arthur Geddes (1895-1968)

obituary by Geddes for John Stuart Blackie, Professor of Greek at Edinburgh University and Scottish nationalist; describes the funeral procession through Edinburgh as a manifestation of the city as a community

アーサー・ゲディス (1895-1968)誕生。

エジンバラ大学のギリシャ語の教授で、自然主義者 ジョン・ステュアート・ブラッキー へのゲディスの追悼記事が掲載される。
追悼行列によってエディバラが一つの共同体であることを表明する。

1896

friends of Geddes establish Town and Gown Association to relieve him of the burden of the financial collapse of his renovation and building schemes

Eastern and Colonial Association established to support financially Geddesユs relief work for the benefit of Armenian refugees on Cyprus (autumn)

ゲディスの友人達は、彼が抱えていた修復と建築計画の財政上の破綻の重荷から彼を救うために、 Town and Gown Association を設立した。

Eastern and Colonial Association はキプロス島のアルメニア人亡命者に対するゲディスの救援活動を財政上支援するために組織された(秋)。

1897 first ideas for Roseburn Cliff, a suburban terrace of cottages in the west of Edinburgh, built only in 1911 by architects McArthy and Watson ローズボーン・クリフ(Roseburn Cliff)の最初の構想。エジンバラ西部の小屋の郊外のテラス、マッカーシーとワトソンにより1911年に建てられた。
1898 first ideas for university hall of residence in More's garden in Chelsea put forward by Geddes, William Richard Lethaby, and F. W. Troup; built 1902-1904 by Edinburgh architects Dunn and Watson; since 1907 a university hall of residence ゲディス、William Richard Lethaby と F. W. Troupにより、チェルシー 、More's garden の大学学生寮の最初の構想が提案される。
1902年から1904年にかけて、エジンバラの建築家ダンとワトソンにより建設された。
1907年以降大学学生寮。
1899-1900 two tours to USA (February to April 1899; September 1899 to April 1900) lecturing and fundraising for forthcoming summer school at Paris and for Reclus's globe; Geddes meets educationalist G. Stanley Hall, philosopher John Dewey, sociologist Charles Zueblin, urban reformer Jane Addams of Hull House, Chicago, and Indian philosopher Swami Vivekananda アメリカへの二回の渡航。(1899年2月〜4月、1899年の9月〜翌年4月)その目的はパリでの来るべきサマー・スクールと、 ルクリュの地球儀 のための講演、及び資金調達であった。教育学者 グランヴィル・スタンレー・ホール, 哲学者 ジョン・デューイ, 社会学者Charles Zueblin, シカゴ・ハルハウスの都市改良家ジェーン・アダムズ、そしてインドの哲学者、スワミ・ヴィヴェーカーナンダと出会う。
1900

organizes the International Summer School at the Universal Exposition at Paris, together with the International Association for the Advancement of Science, Arts and Education (IAASAE)

meets in Paris architect Paul Louis Albert Galeron, philosopher Henri Bergson, and Paul Otlet and Henri Lafontaine from the International Office of Bibliography (later Mundaneum), Brussels

fruitless attempts to save the pavilions of the Rue des Nations as a via sacra of international peace and cooperation

パリの万国博覧会において国際的サマー・スクールを the International Association for the Advancement of Science, Arts and Education (IAASAE) と共に組織。

パリにて建築家のPaul Louis Albert Galeron、 哲学者アンリ・ベルクソン、ブリュッセルのthe International Office of Bibliography (later Mundaneum) の ポール・オトレアンリ・ラ・フォンテーヌと会う。

a via sacra of international peace and cooperationとしてthe pavilions of the Rue des Nationsを保存する試みは結実せず。

1901

organizes with the Glasgow branch of the IAASAE a summer school at the International Exhibition at Glasgow

Galeron visits Glasgow and conceives first design sketch for Geddes's National Institute of Geography

グラスゴー国際博覧会においてIAASAEサマー・スクールのグラスゴー支部を組織

ギャルロンがグラスゴーを訪れ、ゲディスの国立地理学研究所(National Institute of Geography)の最初のデザインスケッチを考案。

1902 publicizes the National Institute of Geography, to be built in Edinburgh according to a design by Galeron (unbuilt) ギャルロンによる計画に沿ってエジンバラに国立地理学研究所(National Institute of Geography)建設計画を公表。
1903 begins to plant Botanic Garden at Horniman Museum in London; garden remains unfinished and is built over when the museum erects an extension in 1910 ロンドンの ホーニマン博物館の植物園の植栽に着手。
庭園は未完のまま残り、1910年の博物館増築の時に再建された。
1903-1904

design for Pittencrieff Park, Dunfermline, competing plan by Thomas W. Mawson (both unbuilt)

with Victor Verasis Branford, among founding members of Sociological Society in London

Dunfermline(スコットランドの東部)の Pittencrieff Park 設計、 Thomas W. Mawsonの計画と争う。(どちらも未完成)

Victor Verasis Branfordと共にロンドンの社会学組織の創設メンバーになる。

1904-1906 lecture series "Civics as Applied Sociology" presents his theory of civics and city design to the Sociological Society

講義シリーズ“Civics as Applied Sociology”は、社会学学会へ彼の市政学と都市計画の理論を提示した。

「外の世界と内の世界」"World without and the world within" : Sunday talks with my children / by Patrick Geddes. 1905

「都市論(市政学):応用社会学、第二部」"Civics: as Applied Sociology, Part II (in "Sociological Papers", London)1905

1907

opening of Castle Wynd Garden, the first of several open spaces established in Edinburgh's Old Town

idea of a temple of life appears for the first time in Geddes's notes

キャッスル・ワインド庭園が開園。エジンバラのオールド・タウンに作られたいくつかの広場の最初のもの。

「生の寺院」a temple of lifeの考え方がゲディスの覚え書きの中に初めて現れる。

1908

saving of Crosby Hallby Geddes and others, subsequently rebuilt in Chelsea by architect Walter Hindes Godfrey

David Montague Eder, Freudian psychoanalyst and later a leading British Zionist, invites Geddes to lecture on eugenics to biology group of Fabian Society

ゲディスらによるクロスビー・ホールの保存。その後、建築家Walter Hindes Godfreyによってチェルシー(ロンドン中心部の地区)に再建された。

フロイト主義の精神分析家 David Montague Eder は、ゲディスに対してフェビアン協会の生物学グループに優生学の講義をするように勧めた。

1909 participates in a town planning tour to Germany organized by the National Housing Reform Council

National Housing Reform Council の組織した a town planning tour to Germany に参加する。

(ドイツ調査旅行)

ヴァレー・セクションの初出

1910

displays the survey of Edinburgh at Town Planning Conference in London

introduces term "conurbation" in a paper read at a health congress

ロンドンのまち計画会議にてエディンバラに関する調査を展示

health congressにて論文を読み上げ、「コナーべーション(連担都市)」という用語を紹介

「生、心、道徳、社会における進化についての講義のシラバス」"Syllabus of a course of ten lectures on evolution in life, mind, morals and society" (p.1-23) 1910

1911 first display of the Cities and Town Planning Exhibition at Crosby Hall in Chelsea, London; subsequently in Edinburgh, Belfast, and Dublin チェルシーのクロスビー・ホールにて「都市とまち計画博覧会」第1回展示; 続いてエディンバラ、ベルファースト、ダブリン。
1912 performance of Masque of Ancient and Modern Learning in Edinburgh to mark the 25th anniversary of the university hall of residence

エディンバラにて大学学生寮設立 25周年を記念して 公演「古代と現代の学問の仮面劇( Masque of Ancient and Modern Learning )」

「神話と生:オリュンポスの解釈、優生学と都市学への応用」"Mythology and life: an interpretation of Olympus; with applications to eugenics and civics." (Abstract of a paper read before the Sociological Society) 1912

1912-1926   大正時代
1913

Cities and Town Planning Exhibition displayed at International Congress of Town Planning and the Organisation of City Life, Ghent, Belgium

designs with Frank Mears the Edinburgh Zoological Garden as a three-dimensional valley section, the first of several zoological gardens Geddes proposes

「都市とまち計画博覧会」 Ghent, Belgium
国際まち計画大会、都市生活協会にて展示

フランク・ミアーズと共に、 エディンバラ動物園を三次元の valley section として設計。いくつかの動物園の最初(の設計)はゲディスが提示

 

1914-18   第一次世界大戦
1914

Cities and Town Planning Exhibition shown a second time in Dublin; Geddes proposes to build a Catholic cathedral, a via sacra, and a garden suburb near Dublin to relieve political tensions (all unbuilt)

travel to India for city design consultancy work

Cities and Town Planning Exhibition sinks in Indian Ocean after an attack by a German warship

「都市とまち計画博覧会」ダブリンにて二回目の展示。ゲディスは政府の緊張状態を和らげるため via sacraにカトリック教会の大聖堂,及びダブリン近郊の庭園の建設を提案する (全て未完)

都市設計のコンサルタント業を務めるためインドに渡る

Cities and Town Planning Exhibition がドイツ軍艦の攻撃を受け、インド洋に沈む。

1915

Cities in Evolution by Geddes

coorganizes with Gilbert Slater, Principal of Ruskin College, Oxford, summer school "The War: Its Social Tasks and Problems" at King's College, London

『進化する都市』

Gilbert Slater と共に、ロンドンのオクスフォードにある王立大学 Principal of Ruskin College でサマー・スクール 「戦争: その社会の課題と問題」 を共同開催。

「進化する都市」"Cities in Evolution: An Introduction to the Town Planning Movement and to the Study of Civics." London, Williams & Norgate, 1915

1916-1923 city design work in India; publication of numerous reports, most notably Town Planning towards City Development: A Report to the Durbar of Indore (2 vols., Indore, 1918) インドにて都市設計の仕事; 多数の論文を発表, もっとも著名なものが「Town Planning towards City Development: A Report to the Durbar of Indore」 (2 vols., Indore, 1918)
1916 selection of the Cities and Town Planning Exhibition displayed at Exposition de la Cité Reconstituée in Paris 「都市とまち計画博覧会」を精選したものを、パリでのExhibition displayed at Exposition de la Cité Reconstituéeに展示した。
1917

Alsadair Geddes dies in May while on active military service in France

Anna Geddes dies in India in June

5月、アラスター・ゲディス(長男) フランスで兵役中に死去

6月、アンナ・ゲディス (妻)インドにて死去

アラスターとアンナの相継ぐ死によるゲディスの外貌の急変を示す写真

1919 visit to Jerusalem for city design report on Jerusalem and planning of Hebrew University, in collaboration with Frank Mears

エルサレム訪問  フランク・ミアーズと提携し、エルサレム都市設計、Hebrew University計画を報告

The master plan for the university was designed by Patrick Geddes and his son-in-law, Frank Mears in December 1919. Only three buildings of this original design were built: The Wolfson National Library, the Mathematics Institute and the Physics Institute.(Wikiから)

ミアーズは、ゲディスの養子。三つの建物だけが建設された。

1920 second visit to Palestine; city design reports for Haifa and other Zionist settlements and projects

パレスチナ、2度目の訪問。(Haifaとイスラエル移住地の都市計画ため)

「経済学との関連における社会学の要諦」‘Essentials of sociology in relation to economics. ([From the] Indian journal of economics. vol. III, part 1.)1920

1920-1923 holds Chair of Sociology and Civics at the University of Bombay;
Cities and Town Planning Exhibition on permanent display in university
ボンベイ大学で社会学と市政学の講座を開く。
「都市とまち計画博覧会」を大学に常設展示。
1922

design with Frank Mears a Baha'i temple for Allahabad, India (unbuilt)

Redesigns an Indian palace garden in Patiala as temple for Greek gods and Muses and a symbolic garden of Notation of Life (unbuilt)

フランク・ミアーズ と共同でバハーイー教の寺院を設計 (未完) インド、アラハバード(インド北部)

ギリシアの神々やムーサ達のための神殿、そして「生の表記」を象徴する庭のための寺院として
パティアラ(インド北西部)のIndian palace garden を再建。

参考、藝術の女神たちの庭園

1923 lecture tour to USA; finally meets Lewis Mumford

アメリカへ巡回公演;ついにルイス・マンフォードと出会う。

「ルイス・マンフォードへの1923年1月25日付けの手紙」(in "Lewis Mumford and Patrick Geddes : the correspondence" edited and introduced by Frank G. Novak, Jr. 1995)

1924

returns from India, travels in Europe

Foundation of Scots College in Montpellier, France

Exhibition of Hall of Vision at Conference on Some Living Religions within the Empire, London

インドから帰国、ヨーロッパを旅行

フランス、モンペリエにScots Collegeを創設

Exhibition of Hall of Vision at Conference on Some Living Religions within the Empire, London

「社会諸科学の提案された共働」"A Proposed Co-ordination of the Social Sciences" (in "Sociological Review") January1924

「生の地図化」"The Mapping of Life" (in "Sociological Review")July 1924

1925 third visit to Palestine on occasion of the opening of Hebrew University Jerusalem; city design report for Tel Aviv-Yafo

エルサレムのヘブライ大学 開校式のため三度目のパレスチナ訪問 ; Tel Aviv-Yafoへ都市設計報告

「生物学」"Biology" by Sir J. Arthur Thomson and Patrick Geddes. London, Williams & Norgate LTD, 1925

1926-89   昭和時代
1927 Amelia Defries publishes The Interpreter Geddes: The Man and His Gospel, the first biography of Geddes

Amelia Defries『The Interpreter Geddes ;The Man and His Gospel』 を出版: Geddes初の伝記

ここで「生の図式」初出

「生の表記」"The Notation of Life" (in "The Interpreter Geddes" by Amelia Defries) 1927

1928 marries Lilian Brown, his second wife 二度目の妻であるLilian Brownと結婚
1930   「変遷の仕方ー構成的平和に向けて」"Ways of transition - towards constructive peace" (in "Sociological review") January 1930
1931

Life: Outlines of General Biology by Geddes and J. Arthur Thomson

negotiates together with Frank Mears a design for a Hindu temple, London (unbuilt)

『生:一般生物学概論』
J. アーサー・トムソンとの共著

フランク・ミアーズと共に協議し、ヒンドゥー教の寺院を設計, ロンドン (未完)

「生:一般生物学の概観」"Life: outlines of general biology" by Sir J. Arthur Thomson and Patrick Geddes. London, Williams & Norgate LTD, 1931

1932 accepts knighthood for educational services; dies at Montpellier after return from England 教育への貢献により勲爵士(ナイト)の称号を受ける; イギリスから帰国後、南フランス、モンペリエにて没する。