総合エントランス タイトル帯
総合エントランス トップページ 教授挨拶 診療案内 診療内容 診療実績 研究内容 スタッフ   総合エントランス 付属病院HP
 
 

スタッフ紹介

教授 / 准教授 /講師/ 学部内併任講師 / 助教 / 医員 / 非常勤医師 / 大学院生 /
医学部附属病院漢方診療科・准教授
/ 臨床教授 等 / 非常勤講師
/大学院生(前期課程)

教授/診療科長

岡  正朗 (おか まさあき)
専門分野: 消化器外科、肝胆膵外科、癌免疫療法
資   格: 外科専門医、消化器外科専門医
所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、
日本癌治療学会、日本癌学会他

患者さん本位の治療を行うよう心がけています。大学が「白い巨塔」と思われる方もいらっしゃいますが、これは全く間違っています。医療とは、患者さん、家族の方々、そして医療従事者が一緒になって行うものであり、これが消化器・腫瘍外科(第2外科)の真情です。治療に疑問があれば、遠慮されないで何でもお聞きください。また、大学病院には学生、研修医もおりますが、医学教育も大学病院の重要な使命ですので、ご協力をお願いします。

前のページに戻るこのページの先頭にもどります

准教授/副科長

硲 彰一
硲  彰一 (はざま しょういち)
専門分野: 大腸肛門外科、腹腔鏡下大腸手術、大腸肛門機能温存・改善手術、癌免疫療法、大腸癌免疫療法(ペプチドワクチン)、癌細胞免疫療法、大腸癌化学療法(遺伝子多型に基づいた個別化癌治療)、癌遺伝子治療、大腸癌遺伝子解析
資    格: 外科指導医、消化器外科指導医大腸肛門病学会指導医

診療においては、「小さな傷(侵襲)で確実な根治手術」をモットーとしています。これは、他の専門分野である癌免疫(細胞)療法や個別化抗癌剤治療などと考え方を一つにするものと思っています。趣味は綺麗な空気を吸って、冷たい水を浴びながら、美しい風景を眺めることです。具体的には、道なき深い渓谷を山頂付近まで遡行します。途中、岩魚や山女がいると竿を出したりもします。マイナスイオンを全身に浴びることができ、疲労やストレスは吹き飛んでしまいます。

前のページに戻るこのページの先頭にもどります

講師/病棟医長

 
上野 富雄 (うえの とみお)
専門分野: 肝胆膵外科
消化管外科
腹部救急医学
消化管再生医学
資   格: 外科専門医(指導医)
消化器外科専門医(指導医)
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
がん治療認定医

大分県別府市生まれ。高校は中津南高校で、昭和63年に山口大学を卒業し、中学校以来、念願であった消化器外科医となりました。
 専門分野では胆膵外科の治療が中心ですが、急患ではすべての消化器外科分野で手術を行っています。病棟医長をやっていますので、入院に関してなにか不安なことがありましたら、遠慮なくいつでもご相談ください。
 A型射手座の会所属。

前のページに戻るこのページの先頭にもどります

講師/外来医長

 
山本  滋 (やまもと しげる)
専門分野: 乳腺外科、乳癌の診断と治療、乳房温存療法、センチネルリンパ節生検、乳腺内視鏡補助下手術
資   格: 乳腺専門医、外科専門医

S.62年山口大学医学部卒業。東京厚生年金病院、国立国際医療センター、山口大学附属病院、美祢市立病院、川崎医科大学 乳腺甲状腺外科に勤務。

前のページに戻るこのページの先頭にもどります

助教

武田 茂 武田  茂 (たけだ しげる)
専門分野: 食道外科
資   格: 外科専門医、消化器外科専門医

平成3年に山口大学医学部卒業後、当科に入局しました。約7年間下関市に住んでいましたが、最近また宇部に帰ってきました。現在、大学では食道疾患を中心に診療に従事していますが、個人のニーズにあった治療を提供できるように努力したいと思っています。趣味はジョギングですが、大学病院の勤務は何かと忙しく、最近はすこし怠っています。できるだけ時間を見つけて走りたいと思います。


為佐 卓夫 為佐 卓夫 (ためさ たかお)
専門分野: 消化器外科一般、肝臓外科
資   格: 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医、日本がん治療認定医

平成5年入局です。担当臓器は肝臓です。年間約50例の肝切除症例を、肝臓班で担当しております。主に、肝細胞癌、転移性肝癌、胆管細胞癌、肝門部胆管癌、良性肝腫瘍を扱っております。近年鏡視下手術の進歩により腹腔鏡補助下肝切除が増えて、症例によっては10cmの創で肝切除を行います。現在の目標としては
1. 肝細胞癌に対する無輸血・無在院死の系統的肝切除。
2. 肝門部胆管癌に対し門脈塞栓を併用し、断端陰性を目指した肝切除。
3. 系統性を損なわない腹腔鏡補助下肝切除。
4. 肝嚢胞に対する腹腔鏡下肝嚢胞開窓術。
5. 良性肝腫瘍に対する腹腔鏡補助下肝切除。
6. 脾腫に対する用手的腹腔鏡下脾臓摘出術、 です。

昔は恐ろしかった肝臓手術も、腹腔鏡手技をとりいれつつ、「如何に低侵襲に安全に肝切除ができるか」ということ命題に、日々邁進しております。肝臓の手術が必要になった方も、私たちに安心してお任せください。

また、諸先輩方の築いてこられた肝臓班の歴史を保つべく日々努力しております。県内各病院の諸先生方からは時に患者さまの紹介を頂く事があり、いつも大変感謝しております。これからも患者さんと一緒に病気と闘って参ります。

これからも宜しくお願い申し上げます。


吉村 清 (よしむら きよし)
専門分野: 消化器外科、癌免疫療法、
トランスレーショナルリサーチ
資  格: 外科学会専門医、消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医
山口大学医学部卒業。岩国市医療センター医師会病院、小野田赤十字病院、山口大学附属病院、ジョンズホプキンス大学外科・腫瘍科に勤務後、山口大学 消化器・腫瘍外科学にて勤務。
侵襲の少ない手術を心がけ、温かい心のふれあいを大切にし、どうしても治療困難な患者さんの為に“最先端の基盤的研究を治療の開発まで進め、患者さんに届けることを目的とした研究”、トランスレーショナルリサーチを行っています。

鈴木 伸明 (すずき のぶあき)
専門分野: 胆膵外科、消化器外科
資  格: 外科専門医、消化器外科専門医

出身は宇部で山口県立宇部高等学校卒業後、平成7年愛媛大学医学部を卒業しました。卒後山口大学第二外科(現、消化器・腫瘍外科)に入局。国立下関病院(現、関門医療センター)、山口大学大学院、市立八幡浜総合病院を経て平成20年1月より再び大学病院で勤務しております。胆膵外科の手術のほか、胃・大腸など消化器がん全般の診療に従事し、抗癌剤治療・かんワクチン療法の臨床試験などに広く関わっています。また中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアムの活動を通じて、がん医療の「均てん化」を目指しています。日々の診療でも質の高い医療を提供できるよう精進しますので宜しくお願い致します。


坂本 和彦 坂本 和彦 (さかもと かずひこ)
専門分野: 肝臓外科
資   格: 日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医
日本肝臓学会専門医、がん治療認定医
感染制御医(ICD)、外科周術期感染管理認定医

平成9年に山口大学を卒業後、第2外科(消化器・腫瘍外科)に入局しました。
山口大学医学部附属病院での研修後、徳山中央病院、国立大分病院を勤務し
現在に至っています。現在、山口大学医学部附属病院で助教として働いております。
臨床では肝臓班に所属し、岡教授、爲佐助教にご指導を受けながら日々精進しております。
プライベートでは30才をすぎてからジョギングに目覚め、最近では年間1000km以上走っております。ジョギングで培った体力を患者さんのために使えたらと思っております。


飯田 通久 (いいだ みちひさ)
専門分野: 胆膵外科、消化器外科
資   格: 外科専門医、消化器外科専門医

私は平成11年山口大学を卒業後、第二外科に入局しました。現在は膵臓・胆道や、胃・大腸などの消化器疾患を専門として診療を行っています。また肝癌の進展にかかわる遺伝子の研究を診療の合間に行っています。趣味はゴルフとマージャンですが、どちらも子育ての忙しさから思うように出来ていないのが現状です。


徳久 善弘 (とくひさ よしひろ)
専門分野: 消化器外科
資   格: 癌治療認定医、外科専門医、

平成11年山口大学を卒業し、消化器腫瘍外科(第2外科)に入局しました。都志見病院、宇部興産中央病院、山口大学集中治療部、阿知須共立病院、山口大学、Duke大学(アメリカ)を経て、平成24年9月から山口大学に戻ってきました。患者さんに全人的な医療を提供できるように心がけながら、診療を行っていますので宜しくお願いします。


恒富 亮一
恒富 亮一 (つねどみ りょういち)
専門分野: 肝細胞癌、転移・浸潤、癌幹細胞、分子生物学、生化学
資   格:

平成16年3月に博士 (農学) を取得し、当科ポスドクとして参加致しました。平成18年4月より3年間は日本学術振興会特別研究員PDとして研究に携わり、平成21年4月より当科助教として活動しています。他分野出身であり直接臨床に携わることはできませんが、診断や創薬へとつながる研究から、人々の健康に貢献できるように勤しんでいます。現在、肝細胞癌の術後再発に関する遺伝子レベルの解析、癌幹細胞を標的とした解析や、遺伝子多型による個別化医療に関する研究などを行っています。

                                
前のページに戻るこのページの先頭にもどります

医員

 
前田 和成 (まえだ かずなり)
専門分野: 乳腺・甲状腺外科
資   格: 外科専門医、消化器外科専門医、がん治療認定医、乳腺認定医、マンモグラフィ読影認定医
平成14年に山口大学を卒業し、第二外科に入局しました。関連病院・大学病院で研鑚を積み、平成25年より山口大学医学部附属病院にて乳腺疾患を中心に診療を行っております。乳癌は今後ますます増加することが予想される疾患の一つであります。関連病院で培った経験を糧に、病気で苦しんでいらっしゃる方々の役に立てるよう今後とも精進していきたい所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

長岡 知里 (ながおか ちさと)
専門分野: 外科一般
資   格: 外科専門医、検診マンモグラフィ読影医師、
認定産業医
平成19年山口大学医学部卒業です。地元の岡山で臨床研修、後期研修を行い、主に消化器外科、乳腺外科に携わってきました。しばらく山口を離れていたのですが、平成25年4月に入局し大学病院での勤務が始まったばかりというところです。
まだ未熟な部分もありますが、先生方のご指導と同様、患者さんから教わることも大切にしながら早く皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
前のページに戻るこのページの先頭にもどります
                

大学院生

前田 訓子 (まえだ のりこ)
専門分野:
乳腺外科

平成12年島根医科大学(現島根大学医学部)卒業。平成18年より山口大学医学部付属病院にて診療を行っております。現在1児の子育て中です。乳腺疾患を中心に診療にあたっています。宜しくお願いします。


前田 祥成 (まえだ よしなり)
専門分野: 消化器外科、肝臓外科、癌免疫療法
資   格: 外科専門医、消化器外科専門医、肝臓専門医、癌治療認定医、インフェクションコントロールドクター、
マンモグラフィー読影認定医
平成11年に山口大学を卒業し、第2外科に入局しました。出身は広島県で広島カープの熱狂的ファンです。大学時代は準硬式野球部に所属していました。小倉記念病院、小郡第一総合病院、下関厚生病院などで勤務し、現在は大学で肝臓外科、癌免疫療法を担当しております。あらゆるステージの癌患者さんのお力になれるよう精進しております。よろしくお願いいたします。

渡邊 裕策 (わたなべ ゆうさく)
専門分野: 食道、消化器一般
資   格: 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医
平成15年度入局の渡邊裕策です。平成20年に大学に帰学し、平成21年に大学院に入学いたしました。大学院では、癌の再発・転移・治療抵抗性に関係していると最近注目されている「癌幹細胞」に関する研究を行っています。臨床面では食道を中心に、胃や大腸などの消化管を主に担当させて頂いております。まだまだ未熟者ですので今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

中尾 光宏 (なかお みつひろ)
専門分野:
消化器外科
  資  格: 外科専門医

しばらく大学を離れておりましたが、平成21年に大学に戻り、翌年から大学院生となって診察、手術、そして研究と忙しい日々を過ごしております。大学病院といえば来院される患者さんもやや身構えてしまいそうですが、身体の状態のことだけではなく何でも話すことが出来る身近な存在となれるよう、今まで同様、これからも頑張っていきますので宜しくお願い致します。


新藤 芳太郎 (しんどう よしたろう)
専門分野 :
消化器外科
  資  格: 外科専門医

山口県立防府高校出身です。平成16年山口大学医学部を卒業後、関門医療センター山口大学医学部で研修を行いました。平成18年より市立八幡浜総合病院で勤務し、平成21年に大学に戻ってまいりました。
 臨床面では一般外科、消化器外科を中心に取り組んでおります。研究面では癌免疫を中心に日々研鑽をつんでおります。


兼清 信介 (かねきよ しんすけ)
専門分野 :
消化器外科
  資  格: 外科専門医
 平成16年卒業の兼清と申します。山口県立徳山高校出身です。平成18年に入局し、徳山中央病院、小倉記念病院、山口大学集中治療部を経て、平成21年より当科に戻ってまいりました。座右の銘は「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」。微力ではありますが、何事もあきらめず、辛抱強く患者さんに寄り添える医療を目指しています。宜しくお願いします。

橋本 憲輝 (はしもと のりあき)
専門分野: 消化器外科
平成16年に山口大学を卒業し、卒後臨床研修第1期生として2年間の研修を終えた後に、平成18年当科へ入局致しました。現在は山口大学大学院医学系研究科に在籍致しております。
 臨床分野では肝臓班の末席に置いて頂き、肝胆道系悪性腫瘍や門脈圧亢進症に関して研鑽させて頂きつつ、上部・下部消化管疾患から乳腺疾患などの幅広い領域での予定手術、そして時に緊急手術まで主治医として担当させて頂き、外科医として非常に充実した経験を積まさせて頂いております。
 研究分野では癌幹細胞を主テーマとして、臨床以上に冷や汗、油汗をかきつつ、取り組んでおります。
 まだまだ未熟者でございますが、ご指導ならびにご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

徳光 幸生 (とくみつ ゆきお)
専門分野: 消化器外科
  資 格 : 外科専門医、消化器外科専門医、がん治療認定医
 平成16年宮崎医科大を卒業、初期研修を経て第2外科に入局しました。入局後は宇部興産中央病院、都志見病院、小倉記念病院、山口大学集中治療部を経て第2外科に戻ってまいりました。質の高い外科治療を心掛けて日々精進して参ります。趣味はカラオケと温泉旅行です。

井上 由佳 (いのうえ ゆか)
専門分野: 消化器外科
 平成17年山口大学医学部を卒業後、2年間の臨床研修を経て、平成19年に入局しました。たくさんの患者さんとの出会いを大切に、日々診療を行っています。まだまだ未熟ではありますが、宜しくお願いします。

松井 洋人 (まつい ひろと)
専門分野: 消化器外科
 平成19年度入局の松井洋人と申します。学生時代は空手道部に所属しており、第二外科は岡教授をはじめ学生時代から御指導いただいていた諸先輩方も多く、一緒に勤務させて頂き大変光栄です。
 第二外科に入局後、大学病院から宇部興産中央病院、愛媛の八幡浜市民病院、北九州の小倉記念病院にて勤務の後、平成23年4月より大学病院に戻ってまいりました。
生まれも育ちも山口県で、生まれてこのかた、地元を離れたことがあまりなかったので県外での勤務は非常に勉強になりました。今後は、いままで御指導いただいたことを日々の中で生かしていきながら、新しいことにも挑戦できたらと考えております。
 今後とも宜しくお願い申し上げます。

北原 正博 (きたはら まさひろ)
専門分野: 消化器外科
資   格: 外科専門医
 平成17年浜松医科大を卒業、初期研修を経て第2外科に入局しました。入局後は徳山中央病院、岩国市医療センター医師会病院、山口大学集中治療部を経て第2外科に戻ってまいりました。今までの経験を生かしてさらに発展できるよう日々精進致してまいります。よろしくお願いいたします。

松隈 聰 (まつくま さとし)
専門分野: 消化器外科
資   格: 外科専門医、がん治療認定医、JATECインストラクター

平成17年山口大学卒業。2年間の初期研修、外科後期研修(山口県立総合医療センター)を行った後、平成21年に消化器・腫瘍外科に入局しました。大学病院、宇部興産中央病院で研修した後、平成24年4月より再び大学病院で勤務させていただいております。皆様に信頼していただける医師になれるよう努力し続けたいと思っています。よろしくお願いします。


来嶋 大樹 (きじま たいき)
専門分野: 消化器外科
資   格:
平成18年に佐賀医科大学を卒業し、地元である山口県に帰ってきました。山口大学で2年間の研修を行い、消化器腫瘍外科に入局しました。その後徳山中央病院で1年間、愛媛県の八幡浜総合病院で2年間働きいろいろ学ばせて頂きました。現在は大学で医員として勤めています。今後も研鑽に励みたいと考えています。
前のページに戻るこのページの先頭にもどります

医学部附属病院腫瘍センター・准教授

 
吉野 茂文 吉野 茂文 (よしの しげふみ)
専門分野: 食道・胃外科、腹腔鏡・胸腔鏡手術、消化器癌免疫療法、消化器癌科学療法、消化器癌臨床研究
資   格: 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本食道学会食道外科専門医・食道科認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
がん治療認定医

山口県、防府市出身。昭和36年生まれ、生来健康。山口高校、山口大学医学部卒、平成3年医学博士学位取得。趣味はゴルフ、読書、映画鑑賞、歴史探訪、食べ歩き。家族構成は、妻、長女、長男の4人。平成18年より山口大学医学部附属病院腫瘍センター副センター長。座右の銘は「一期一会」。診療でもこの精神を忘れないように心がけています。また、「医療は現場で行われている」をモットーに、診断や治療方針で悩んだ時は何度もベットサイドに足を運びます。診療における解決策は必ず患者さん自身のなかにあるはずですから。

前のページに戻るこのページの先頭にもどります

医学部附属病院漢方診療科・准教授

飯塚 徳男 飯塚 徳男 (いいづか のりお)
専門分野: 日本東洋医学会専門医
医者であり学者であり、時には易者にもなれる究極の医師像を追い求め日々努力しています。
『天然のハマチと養殖のハマチのどちらがおいしい?』、勿論、大抵の人は人の手の加わっていない前者を選ぶと思います。
このように自然体での医療を実践するために、漢方をはじめあらゆる角度から患者を診る統合医療が私の理想です。
癒されたい方、いつでもウェルカム!
前のページに戻るこのページの先頭にもどります

臨床教授 等


林 弘人 役   職 臨床教授
林 弘人 (はやし ひろと)
所   属 独立行政法人国立病院機構 関門医療センター研修部長

水田 英司 役   職 臨床准教授
水田 英司 (みずた えいし)
所   属 小野田赤十字病院 病院長

内山 哲史 役   職 臨床准教授
内山 哲史 (うちやま てつし)
所   属 岩国市医療センター医師会病院 病院長

清水 良一 役   職 臨床准教授
清水 良一 (しみず りょういち)
所   属 JA山口厚生連小郡第一総合病院 外科部長
前のページに戻るこのページの先頭にもどります

非常勤講師

丹黒 章 丹黒  章 (たんごく あきら)
所   属 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
生態防御腫瘍医学講座 病態制御外科学分野 教授

23年間お世話になった山口大学を離れ、平成16年12月から徳島大学に赴任しました。徳島は温暖で風光明媚、四国八十八箇所巡礼発心の地、古より全国から集まるお遍路さんを優しく受け入れてきた人に優しい土地です。人に優しい(低侵襲)最先端医療を目指し、患者様が安心できる診療、思いやりのある医師育成と癌の診断・治療に関する研究を行っています。私を育てていただいた山口大学消化器・腫瘍外科の非常勤講師として山口大学の学生さんに会えるのを楽しみにしています。


岡部 尚文 岡部 尚文 (おかべ なおふみ)
所   属 中外製薬株式会社 創薬研究第三部 部長

須賀 哲也 須賀 哲也 (すが てつや)
所   属 味の素株式会社 医薬部 専任課長
前のページに戻るこのページの先頭にもどります

留学中

筒井 理仁 (つつい まさひと)
専門分野: 消化器外科
資   格: 外科専門医、消化器外科専門医
日本医師会認定産業医

平成13年に山口大学を卒業し、大学や市中病院で研修後、平成19年より再び山口大学第2外科で診療にあたっていました。平成24年9月よりアメリカDuke大学に留学中。

前のページに戻るこのページの先頭にもどります
 
 
山口大学HPへ   コピーライト お問い合わせ
コピーライト