研究室所属メンバー

教 員
教員名
脇條靖弘 (哲学担当)
専門分野
古代ギリシャ哲学 プラトン・アリストテレス
最近の関心事
コメント

教員名
古荘真敬 (倫理学担当)
専門分野
西洋現代・現象学 ハイデガーなど
最近の関心事
コメント

学 生
大学院二年生
--西本良平
・研究内容:永井独我論、<私>についての考察。
・趣味:紅茶、ティーパックではなくリーフで作る。最近ミントティーをうまく作ることに成功。
大学院一年生
--緒方陽子
・スピノザの『エチカ』を読んで、自分なりの解釈をしています。
・趣味はバドミントン、上手くはないですが好きです。
大学院一年生
--甲斐友徳(χ<カイ>)
・ニーチェとキリスト教研究がメインで、他にフランス思想や神秘主義にも興味がある。
・50年代R&Rあたりの音楽を普段は聴く。カラオケと卓球が趣味。ドイツに行きたい!
大学院一年生
--阪口友一朗
・研究内容:プラトン・アリストテレスの形而上学
・現在は『パイドン』における「死の生に対する優位性」と「自殺禁止説」との対立について考察しています。
大学四年生
--青山真
・他者について、あれこれ考えていっています。
・卒論ではサルトルの『存在と無』を読み、他者について考えようと思っています。
大学四年生
--岸
・研究内容:ウィトゲンシュタインの私的言語について
・「私的言語は可能なのか?」「私的言語と共同体の関係は?」特にこの2点についてやっていこうと思います。
大学四年生
--高稲
大学三年生
--野中保宏
・哲倫宗研究室のくせにメディア論をやってます。
・趣味はテニスです。
学部三年生
--原田

 

 

現在開設の講義

哲 学
西洋哲学概論
(後期のみ開設)
西洋哲学特殊講義
時間空間の哲学
空間、時間は実体的なのかと関係的なのか、 という問いを立て、ニュートン・ライプニッツといった伝統的議論や現代の哲学での議論を検討、議論する。
西洋哲学講読
西洋哲学演習
アリストテレスの『分析論後書』第二巻を読む。
毎週担当者一人が、担当箇所を要約し発表。討論し哲学的な理解を深める。

倫 理 学
倫理学原理論
生きるとは何か、死ぬとは何か、という、根本的な倫理学的問題について考察する。
西洋倫理学講読
ハンナ・アレントの『人間の条件』を読む。毎週要約レジュメを参加者が作ってきて、 授業でさらに深く読み込んでゆくことで人間存在の本質に関する理解を深める。
西洋倫理学演習
ベルクソンの『意識に直接与えられたものについての試論』を読む。 毎週担当者が要約と主題をまとめ発表。逐一検討しながら、著者の言わんとすることの理解を深める。

 

山口大学人文学部 大学院人文科学研究科
哲学倫理学研究室