2019.3.15更新
第7回 山口大学学術資産継承事業成果展

宝山の一角

山口大学が所蔵する貴重な学術資料の一部を公開します
 山口大学では、所蔵する学術資料を教育・研究に活用し、後世に伝え残すため、修復・保存・デジタル化作業を進めています。今回の展示では、本学が所蔵する膨大な資料の中から、作業を終えた貴重資料の一部を公開します。 

主催山口大学学術資産継承事業委員会
共催:埋蔵文化財資料館
会場:埋蔵文化財資料館展示室
会期
前期:平成31年3月18日(月)〜5月17日(金)
後期:新元号元年5月27日(月)〜7月19日(金)
開館時間:9時〜17時
休館日:土・日・祝日
     ※4月20日(土)、6月1日(土)は開館
入館料:無料

【ミュージアムトーク開催】
前期 4月20日(土)14時〜
後期 6月 1日(土)14時〜
※申し込み不要、参加無料

※当展示は埋蔵文化財資料館共催展示となります。会期中、山口大学構内遺跡の展示は前期展にて部分的に行い、後期展では行いません。ご了承ください。

画像クリックで拡大
毎年恒例の『宝山の一角』今年も開催です!
前期展では、典籍、鉱物岩石資料、考古資料、商品資料(陶器)を公開しています
過去のニュースを見る
前のページに戻る