本文へスキップ

TEL. 0836-22-2668(平日 8:30~17:00)

〒755-8505 山口県宇部市南小串1-1-1

お薬でお困りの方へ

外来受診中の方

お薬渡し口(外来棟1階)あるいは、かかりつけ薬局の薬剤師にご相談ください。
病院・薬局の薬剤師で協力してご相談に応じます。


入院中の方

全病棟に病棟担当薬剤師を配置しています。
病棟スタッフに薬剤師に相談がある旨をお伝えください。


妊娠と薬相談外来

当院は、2017年4月より妊娠と薬情報センターの拠点病院の一つとして指定され、「妊娠と薬相談外来」を開設しました。薬の内服が妊娠に及ぼす影響について専門の医師・薬剤師がご相談に応じます。

当院詳細
国立成育医療研究センター・妊娠と薬情報センター


【ご相談いただける内容について】
・持病でお薬を飲んでいるが、妊娠しても赤ちゃんに影響はないか、のご相談
・妊娠していることを知らずに、お薬を飲んでしまった場合のご相談
等、妊娠を希望される方、妊娠中の方の、お薬の相談を受け付けています。


【相談の流れ

①国立成育医療研究センター・妊娠と薬情報センターのホームページから、「問診票」 をダウンロードし必要事項 を記入します。当院での相談を希望される場合は、「7.相 談方法のご記入」の欄の「妊娠と薬外来での相談希望」のところにチェックを入れ 「山口大学医学部附属病院」とご記入下さい。

②問診票を封書にし、ポストに投函。
送付先:〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1 国立成育医療研究センター内 妊娠と薬情報センター

③問診表が妊娠と薬情報センターに到着すると、センターより「相談方法のお知らせ」 をお送りします。こちらをご確認し、外来予約をおとりください。

④外来受診日(下記詳細)に来院し、相談を受けてください。


【山口大学医学部附属病院 妊娠と薬外来】

※完全予約制です
※国立成育医療研究センターへ申し込みをした方しか予約をおとりできません。

 外来日 毎週金曜日(祝日は除く)
 時間 15:00~16:00(完全予約制)
費用 5400円(自費診療、税込)30分まで
 5400円(最初の30分を超えた場合、以降30分毎に)



医薬品服用中の自動車運転等の禁止等に関する患者さんへの説明文書

この文書は、本院医療安全推進部と薬剤部で作成した原案をたたき台に、院内会議を通じて各診療科医師の意見集約・文書修正を行い、病院運営審議会にて最終決定したものです。本院では、文書の内容のみならず、院内掲示や患者患者さんへの配布・説明についても、全て病院の決定に基づき実施しています。

医薬品服用中の自動車運転等の禁止等に関する患者さんへの説明文書

バナースペース

山口大学医学部附属病院 薬剤部

〒755-8505
山口県宇部市南小串1-1-1

TEL: 0836-22-2668
(平日 8:30~17:00)
FAX: 0836-85-3751
E-mai:di-info★yamaguchi-u.ac.jp
(★を@に変更してください)