1. home
  2. 学内における感染症対策

学内における感染症対策

感染症の多くは、一人一人の日頃からの心がけ次第で未然に防ぐことができます。感染症の予防のために、「手洗い・うがいの励行」、「マスクの着用」を習慣的に行うように心がけましょう。日頃から栄養や睡眠を十分にとり、体力や抵抗力を高めておくことも予防のためには大切です。また、インフルエンザの予防には、ワクチン接種も有効です。毎年、流行前の早めの接種をお勧めします。

「咳エチケット」をしっていますか?

学内における感染症対策

山口大学では、下記の「感染症」と診断(疑いも含む)された場合、速やかに電話にて報告することが義務付けられています。学内での感染拡大を防止するため、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

大学への届け出が必要な感染症 pdf

インフルエンザ、百日咳、麻しん(はしか)、おたふくかぜ、風しん(3日はしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

届け出先 pdf

※必ず、電話にて報告のこと

講義欠席等に関する報告や問い合わせ先: 所属する学部の学務係

診断結果報告や症状に関する問い合わせ先: 保健管理センター

地 区 名 診察時間 住 所・E-mail 電 話 FAX
吉田地区 事務局1号館1階 〒753-8511 山口市吉田1677-1
メールアイコン
083-933-5160 083-933-5163
常盤地区 工学部会議棟1階 〒755-8611 宇部市常盤台-2-16-1
メールアイコン
0836-85-9014 0836-85-9017
小串地区 医学部医心館2階 〒755-8505 宇部市南小串1-1-11
メールアイコン
0836-22-2380 0836-22-2381

※保健管理センターへは、診断名、受診日、受診した医療機関名、症状経過、検査・治療・処方について、医師による指導内容(いつまで欠席するよう指示されたか等)、接触者の有無 について報告をしてください。

※診察医師の指示を守り、出席停止期間内はしっかりと自宅にて休養してください。