ページの本文へ

プロジェクトの概要と目的

本プロジェクト「工学系数学基礎学力の評価と保証―グローバルスタンダードをめざして―」は、 広島大学と山口大学の共同提案により平成17年度「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」 に採択されたものです。 特色GPは文部科学省により実施されている事業で、大学教育改善の取り組みの中から、特色ある優れたものを選定、公表しているものです。平成17年度は国公私立の大学、短期大学から410件の申請があり、その中から47件が採択されました。 山口大学からは本プロジェクトと「山口大学おもしろプロジェクト」の2件が採択され、現在に至っております。

本プロジェクトは全国レベルでの工学系数学基礎学力を評価・保証するシステムを作り上げるものです。具体的には、

  1. 工学系数学教育の基礎分野の選定と学習達成目標の表示
  2. 達成目標に基づく統一試験の実施
  3. 試験による数学基礎学力の客観的な評価
  4. 成績分析に基づき、工学系数学教育に関する効果の評価および授業方法の改善

を行うことにしています。このシステムへ平成21年度は38大学が参加しています。

上記(2)の統一試験に関しては、広島大学と山口大学等で、工学の各分野の基礎となる微積分、線形代数、常微分方程式、確率・統計の4分野について、共同で問題を作成し同一時間に試験を行なっております。 試験後には問題の解答例を公開し、受験した学生の復習の機会を与えるとともに、各受験生には各分野での得点と総合点を知らせ自らの基礎学力の評価ができるようにしております。試験実施後は広島大学・山口大学は共同で成績分析を行い、数学教育の改善に生かすことにしています。

なお、広島大学と山口大学では大学院入試に活用できるようにしています。詳しくは各大学の募集要領をご覧になって下さい。

また本学・工学部では数学基礎学力を保証するため、独自に「優秀賞」と「進歩賞」の表彰や、総合的復習のための「チャレンジ講座」を行なっております。 今後は、別解答の募集、試験結果にもとづく学習のアドバイスや教員への授業アドバイスなど、学生の数学基礎学力の増進のためにこのプロジェクトを生かすことにしています。

関連リンク
実施記録
2016年度
出題範囲(Ver1.4)
2016年度 実施記録
2016年度 試験問題
2016年度 被表彰者
2015年度
出題範囲(Ver1.4)
2015年度 実施記録
2015年度 試験問題
2015年度 被表彰者
2014年度
出題範囲(Ver1.4)
2014年度 実施記録
2014年度 過去問
2014年度 被表彰者
2013年度
出題範囲(Ver1.4)
2013年度 実施記録
2013年度 過去問
2013年度 被表彰者
2012年度
出題範囲(Ver1.4)
2012年度 実施記録
2012年度 過去問
2012年度 被表彰者
2011年度
出題範囲(Ver1.4)
2011年度 実施記録
2011年度 過去問
2011年度 被表彰者
2010年度
出題範囲(Ver1.3)
2010年度 実施記録
2010年度 過去問
2010年度 被表彰者
2009年度
出題範囲(Ver1.3)
2009年度 実施記録
2009年度 過去問
2009年度 被表彰者
2008年度
出題範囲(Ver1.2)
2008年度 実施記録
2008年度 過去問
2008年度 被表彰者
2007年度
出題範囲(Ver1.2)
2007年度 実施記録
2007年度 過去問
2007年度 被表彰者
2006年度
2006年度 出題範囲
2006年度 実施記録
2006年度 過去問
2006年度 被表彰者
2005年度
2005年度 実施記録
2005年度 過去問
2005年度 被表彰者
2004年度
2004年度 実施記録
2004年度 過去問
2004年度 被表彰者
2003年度
2003年度 実施記録
2003年度 過去問