国立大学法人 山口大学
        ナノ・セラノスティクス国際センター
         ー International Nano-theranostics Center ー

トップページ

ニュース


2021/7/8 「研究拠点群形成プロジェクト」2020年度成果報告会で中村教泰教授が発表しました。

2021/1/13 【総説(英文)】
Development of Non-Porous Silica Nanoparticles towards Cancer Photo-Theranostics」が公開されました。

2020/12/30 【原著論文(英文)・国際共著】
Protein Corona Components of Polyethylene Glycol-conjugated Organosilica Nanoparticles Modulates Macrophage Uptake」が公開されました。


2020/8/26 【プレスリリース】
革新技術! 体外からがん組織を深部まで観察できる近赤外蛍光・有機シリカナノ粒子の作製に成功」がプレスリリースされました。山口大学プレスリリース

2020/8/25 【原著論文(英文)】
Near-Infrared Fluorescent Thiol-Organosilica Nanoparticles That Are Functionalized with IR-820 and Their Applications for Long-Term Imaging of in Situ Labeled Cells and Depth-Dependent Tumor in Vivo Imaging」が公開されました。

2020/ 8/5 「ナノ・セラノスティクス国際センター」(代表者: 中村 教泰 教授) が
山口大学研究推進体(Core Clusters for Research Initiatives of Yamaguchi University)に認定されました。

2020/7/9 「研究拠点群形成プロジェクト」2019年度成果報告会で中村教泰教授が発表しました。

2019/ 9/10 研究拠点群形成プロジェクトの認定書授与式に代表の中村教泰教授が出席しました。

2019/ 7/26 山口大学研究拠点群形成プロジェクトに採択されました。

              

セラノスティクス (Theranotics)

とは"診断 (Diagnotics) と治療(Therapy) の一体化"を意味します。セラノスティクスは従来の医療を効率化し、患者の負担を軽減すると共に未だ治療法の確立できていない難治性腫瘍等に対して革新的な新規治療を提供します*。我々は独自に開発した多機能ナノ粒子技術を活用し、ナノテクノロジーを駆使したセラノスティクスの実現を目指しています。