研究内容



内分泌班

黄体の成熟・退縮:

血管新生・安定性、成長ホルモン等による調節機構、プロスタグランディン系の関与、DNAメチル化・ヒストン修飾・クロマチン構造などのエピジェネティクス機構の関与、などの観点から、排卵後に形成される黄体の生理的機能の解明を目指しています。


生殖におけるメラトニンの役割:

メラトニンは松果体より分泌されるホルモンですが、卵巣内でも重要な役割を担っていることが示唆されています。当科では特に活性酸素種による卵の質の低下に注目し、卵の質の改善を期待したメラトニン投与を臨床応用しています。加齢に伴う卵胞数の減少や卵の質の低下がメラトニンを長期間投与することで予防できるのではないか、そして、卵巣の加齢を少しでも遅らせることができれば40歳前後の不妊患者を減少させることができるかもしれない、と日々考えて研究に励んでいます。


子宮筋腫・子宮内膜症におけるエピジェネティクス:

子宮筋腫と子宮内膜症は臨床の現場でよく遭遇する婦人科疾患です。良性腫瘍ではありますが、月経異常・月経困難症、不妊症、産科合併症などの原因にもなり、その対応に苦慮することがしはしばあります。子宮筋腫や子宮内膜症に起こっている DNA メチル化異常等のエピジェネティクな変化が、これらの疾患の発生、増殖にどのように関わっているのかを研究し、将来の臨床応用を目指しています。


子宮内膜間質細胞におけるエピジェネティクス:

子宮内膜は排卵後に脱落膜化という変化を起こし着床に備えます。その際に多種多様の遺伝子発現が劇的に変化します。最新の手法であるChIPシークエンス法を用いて全ゲノムのヒストン修飾の解析を行うことで、子宮内膜間質細胞の脱落膜化における遺伝子発現へのエピジェネティクス調節機構を解明すべく研究しています。




腫瘍班

女性性器がんの新しい診断・治療法の開発を目指しています。特に着目しているのは、当科で発見されたSCC抗原というたんぱく質です。多くの子宮頸癌の患者さんの血液にはSCC抗原がみられやすく、この量をはかることで診断や治療の助けになり、いわゆる、“腫瘍マーカー”としていまや世界中で広く使われるようになっています。 ただ、ごく早期の癌をみつけることは難しく、現在この点を改良しようといろいろな面から検討をおこなっています。また、癌がこのたんぱく質を自分自身のためにつくっているのなら、癌でのSCC抗原の役割を明らかにすることは、例えば、周りの正常な組織を壊して大きくなったり、あるいは、他の場所にとんでいったりするといった癌の性質をとらえることにつながるのではないかと考えています。実際、これまでの研究から、SCC抗原は、抗癌剤が癌細胞に効果を発揮するのを阻害する働きがあることが判ってきました。このようにSCC抗原の癌での働きが徐々に明らかになりつつあり、今後、それに基づいた新しい治療法の開発にも挑戦していきたいと思っています。最近の研究では、SCC抗原と結合する物質として見い出したcarbonyl reductaseが、子宮体部類内膜腺癌において独立した予後不良因子となることが分かり、その分子機構や免疫系との関与についても徐々に解明できています。また、子宮頸部扁平上皮癌組織での網羅的なプロテオーム解析で明らかとなった、扁平上皮癌で発現が増加する蛋白(heat shock protein 70やtransgelin 2)についての研究も進めており、siRNAによる発現抑制細胞株を用いた機能解析や移動能・浸潤能を調べています。




周産期班

産科診療において取扱いに悩むことの多い病態について臨床的に検討しており、これらの検討結果は実際の臨床現場の診療に大いに役立っています。


子宮頚管長短縮について:

妊娠28~31週において、子宮頚管長20mm以下の短縮群と子宮頚管長21mm以上の正常群との検討では、子宮収縮抑制剤の点滴加療を要するほどの子宮収縮を伴っていなければ早産の発症率に有意差はみられませんでした。すなわち、外来での子宮収縮抑制剤内服のみで子宮収縮がコントロールできている症例は、子宮頚管長の短縮を認めたとしても外来管理の継続で問題ないことが分かりました。


胎児発育不全について:

CPR(Cerebro-placental ratio:中大脳動脈RI/臍帯動脈RI)という指標に着目し、CPRが1.1未満の症例では、1.1以上の症例と比較して胎児機能不全の発症率が有意に上昇することを明らかにしました。すなわち、子宮内胎児発育不全があっても、CPRが1.1以上で児の発育を認めていれば外来管理可能であることが分かりました。