診療内容

腫瘍分野

婦人科悪性腫瘍に対して、診断から治療まで包括的な医療を提供します。
当科には婦人科腫瘍専門医や産科婦人科内視鏡技術認定医が所属しており、それぞれの患者さんの状態に応じて手術療法、化学療法、放射線療法などの治療法を適切に組み合わせた集学的治療を、過不足の無いように行うことを心がけています。判断が困難な症例などはカンファレンス等で、最新の知見や多数の医師の意見を取り入れながら方針を決定しています。
手術に関しては他科医師との連携による拡大手術や、早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術、あるいは手術前に化学療法を先行して手術を行うなど、症例ごとに適切な手術方法の選択を行い、より良い治療になるよう取り組んでいます。
現在、遺伝性乳癌卵巣癌症候群の診療を準備しています。また今後、子宮頸癌に対する鏡視鏡下手術の導入も検討しております。



周産期分野

当院は県内に2箇所ある総合周産期母子医療センターの一つであり、妊娠中に母体・胎児に起こる様々なトラブルに対応できる機能を有しています。例えば、妊娠中に起きる産科合併症である切迫流早産、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、前置胎盤、胎児発育不全、多胎妊娠などの様々なハイリスク妊娠に対し、妊娠週数にかかわりなく対応しています。また、妊娠前から持病(高血圧症、糖尿病、脳血管疾患、甲状腺疾患、膠原病、てんかんなど)をお持ちのまま妊娠された妊婦さんの妊娠管理にも対応しています。必要に応じて循環器内科や消化器内科、内分泌内科、脳神経外科など、他科と連携して診療を行っています。

胎児については妊娠中に胎児超音波検査にて胎児スクリーニング検査を行なっています(ご要望により行わないこともあります)。それにより、時として胎児に先天性心疾患、消化器疾患、脳神経系の疾患、泌尿器疾患などの異常所見を認める場合もあります。必要に応じて染色体の検査などを行い、正確な胎児診断とご両親への十分な病状説明に努めています。出生後に当院での治療が難しいと予想される場合は、他県の専門機関を紹介させていただくこともあります。

上述の疾患の増悪などにより妊娠中に入院が必要となった場合は、MFICU(母体・胎児集中管理室)とNICU(新生児集中治療管理室)が協力して24時間体制で診療に当たっています。



生殖内分泌分野

不妊症、ホルモン異常、月経異常、子宮内膜症、子宮の先天奇形といった生殖領域の広範な問題に対応しています。
若年者の月経異常に関しては、分子生物学的手法を用いたDNAレベルでの高度な診断を独自に行っています。
不妊症では多岐にわたる不妊原因の正確な診断およびそれに基づいた治療を行っており、一般不妊治療のほか、腹腔鏡や子宮鏡などの内視鏡を用いた治療、さらには体外受精–胚移植といった生殖補助医療も積極的に行っています。さらに当科での研究結果から、卵の質を向上させる目的でメラトニンを投与し、良好な成績を得ています。



内視鏡手術分野(腹腔鏡/子宮鏡)

近年、婦人科領域における腹腔鏡下手術の技術向上は目覚ましいものがあります。山口大学は、日本産婦人科内視鏡学会技術認定医が在籍する認定研修施設であり、婦人科良性疾患(卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症など)のほとんどが腹腔鏡下手術で対応可能となっています。
また、手術手技として難易度の高い婦人科悪性腫瘍(子宮体がん)にも腹腔鏡手術を導入しています。今後は子宮頸がんに対する腹腔鏡下手術についても取り扱っていくことを検討しています。
他施設で腹腔鏡下手術が難しいと言われた方、治療法の選択に迷われている方は、お気軽にご相談ください。

婦人科疾患に対する腹腔鏡下手術と当科の実績について