トップページ > 医療関係者の皆様へ > 各診療グループのご紹介【研究】 > 呼吸器外科

医療関係者の皆様へ

呼吸器外科

基礎研究

1.肺悪性腫瘍に対する局所抗癌剤治療
切除不能な肺悪性腫瘍に対して全身抗癌剤治療が行われるが強い副作用が問題となる。我々は、抗癌剤を肺動脈から注入して肺静脈から抜き取る新しい局所抗癌剤治療の研究を行っている。小動物においてその有効性を証明し、最近では大動物において前臨床試験を行い良好な結果を得た。

2.肺気腫と肺癌
肺気腫と肺癌はともにタバコに含まれる有害物質による肺傷害が原因となりうる疾患である。しかし肺気腫と肺癌との関係についてこれまで調査されてこなかった。我々は喫煙歴を有する肺癌患者を調査することにより、肺気腫のある人に発生した肺癌は治りにくいことを見つけた。その一つの理由として、肺気腫がある人とない人との間で肺癌遺伝子異常に違いがある可能性が考えられる。さらに、肺気腫自体が肺癌の進行に有利に働いている可能性が考えられる。これまでに当科で切除された肺癌標本を使用して、肺癌細胞と肺癌周辺細胞とを同時に検査することで肺癌と肺気腫との関係について検討中である。

3.癌と血管新生
癌の転移、浸潤には様々な血管新生因子が関係している。それらの因子のなかには腫瘍自身が生成しているものがある。日常診療においても癌を切除するとすぐに転移・再発がでてくることがある。この現象はある種の血管新生因子により引き起こされていることを証明した。癌手術の後にはこのような血管新生因子を抑える薬物療法を行うことにより癌の再発を抑えられるかもしれない。同様の方法で、抗癌剤治療における血管新生因子の影響を調べることが現在の課題と考えている。

4.腫瘍内におけるDNA damage responseと腫瘍悪性度との相関
生体細胞は常に内外からストレスを受けてDNAの損傷が発生する。このときにDNA damage responseのpathwayが活性化して、DNA損傷部位を認識し正確な修復を行う。このpathwayが活性化しないと、DNA mismatchが集積して発癌が起こると仮定されている。すなわち、このpathwayに関与するタンパクの発現が低下していれば、DNA damage responseは正常に機能していないことが想定され、そのためにますますDNA mismatchが集積し腫瘍の悪性度が増すことが予想される。このpathwayにあるいくつかのタンパク発現を見ることで、腫瘍の悪性度を評価できるかについて検討中である。

5.CGH(Comparative genomic hybridization)法、LSC(Laser Scanning Cytometry)による肺癌の染色体遺伝子異常の解析
肺癌の染色体遺伝子異常の解析をもとにさまざまな癌遺伝子が発見されてきた。我々はこれまで肺癌切除標本から本法を用いて染色体遺伝子異常の解析を行ってきた。これにより癌の進行、悪性度に関係する異常を同定した。同時に特に喫煙患者では肺癌発見時にすでに多くの染色体遺伝子異常があることが分かった。現在タバコによる生体毒性と染色体遺伝子異常との関係について解析中である。

臨床研究

1.胸腔鏡下肺癌手術
胸腔鏡の普及に伴い肺癌に対する胸腔鏡下手術の適応が拡大されつつある。しかし小さい傷の手術により体への負担を軽減することの代償として癌の根治性が損なわれることは許されない。当施設で行われた手術患者さんについては一人一人アフターケアを綿密に行い、その結果を手術にフィードバックしている。肺には再生能力がないため、肺癌の手術は常に機能障害を残す可能性をもつ。従って手術後の肺機能を正確に推定することは手術を決める上で極めて重要である。我々はコンピューターソフトを用いたCT画像のデジタル解析や、肺血流イメージとCTとの合成画像を用いた新しい画像解析により手術後の肺機能をシミュレーションしている。肺の機能が悪い場合に、このような画像によるシミュレーションは手術合併症の危険性や手術後の社会復帰の時期の推定にも有用であることを証明した。肺気腫の合併などにより術後肺機能が思わしくない場合は個別的にインフォームド・コンセントを行うことにより、より小範囲の肺切除を行っている。2cm以下の早期肺癌では肺切除範囲の縮小でも根治性が損なわれないことが証明されつつある。

2.肺気腫と肺癌
肺気腫と肺癌はともにタバコに含まれる有害物質による肺傷害が原因となりうる疾患である。しかし肺気腫と肺癌との関係についてこれまで調査されてこなかった。我々は喫煙歴を有する肺癌患者を調査することにより、肺気腫のある人に発生した肺癌は治りにくいことを見つけた。その一つの理由として、肺気腫がある人とない人との間で肺癌遺伝子異常に違いがある可能性が考えられる。さらに、肺気腫自体が肺癌の進行に有利に働いている可能性が考えられる。これまでに当科で切除された肺癌標本を使用して、肺癌細胞と肺癌周辺細胞とを同時に検査することで肺癌と肺気腫との関係について検討中である。肺気腫を合併した肺癌では、たとえ早期の癌であっても再発の可能性が高いことから、手術後に抗癌剤治療が必要となることが考えられる。さらに、肺気腫を合併した進行肺癌と、肺気腫を合併しない肺癌とでは、抗癌剤の効き目に違いがある可能性もあり、今後解明すべき課題である。

3.慢性閉塞性肺疾患症例に対する術前臭化チオトロピウム水和物(長時間作用型吸入抗コリン薬)投与の周術期管理における有用性
肺癌で手術を受けられる方の多くは喫煙歴があり、ある程度の肺機能障害を伴うことが多い。肺癌の手術では約20%の正常肺の切除の必要があり、さらに全身麻酔による一時的な肺機能低下を伴うことになる。このため手術後に肺炎や無気肺を合併した場合に社会復帰が遅れたり、重篤化して呼吸不全に陥り致命的な転機をたどることもある。手術後の残存肺機能を正常に保つことは術後合併症を予防するために重要である。臭化チオトロピウム水和物(長時間作用型吸入抗コリン薬)はタバコによる肺傷害が原因で起こる息ぎれに対して有用性が証明された吸入薬である。本薬剤を肺癌手術の前後に使用することで残存肺機能を正常に維持し、早期社会復帰を可能とし、結果的に術後合併症を予防できる可能性がある。

業績

【2019年】
  1. 原著 Ryo Otsuka, Kazuhiro Ueda, Toshiki Tanaka, Junichi Murakami, Masataro Hayashi, Kimikazu Hamano. Who will benefit from thymectomy for myasthenia gravis? Is there any role for this procedure in elderly patients? Annals of Translational Medicine 7 1 2019

【2018年】
  1. 原著 Kazuhiro Ueda, Junichi Murakami, Toshiki Tanaka, Kimikazu Hamano. Unclassifiable Infectious Complications after Lobectomy for Cancer: Etiology, Risks, and Outcomes. The Thoracic and Cardiovascular Surgeon 28 2018

  2. 原著 Toshiki Tanaka, Kazuhiro Ueda, Junichi Murakami, Kimikazu Hamano. The Use of Stitching and Bioabsorbable Mesh and Glue to Combat Prolonged Air Leaks. The Annals of Thoracic Surgery 106 4 e215–e218 2018

  3. 原著(共著)N.Tanaka, Y.Kunihiro, M.Kubo, R.Kawano, K.Oishi, K.Ueda, T.Gondo. HRCT findings of collagen vascular disease-related interstitial pneumonia (CVD-IP): a comparative study among individual underlying diseases. Clinical Radiology 73 9 833.e1-833.e10 2018

  4. 症 例 報 告 Kazuhiro Ueda, Junichi Murakami, Toshiki Tanaka, Kumiko Yoshida, Taiga Kobayashi, Kimikazu Hamano. Predicting the response to a bronchodilator in patients with airflow obstruction and lung cancer. Journal of Surgical Research 228 20-26 2018

  5. 原著 Kazuhiro Ueda, Junichi Murakami, Toshiki Tanaka, Masataro Hayashi, Kazunori Okabe, Kimikazu Hamano. Preoperative risk assessment with computed tomography in patients undergoing lung cancer surgery. The Journal of Thoracic Disease. 10 7 4101-4108 2018

  6. 原著 Junichi Murakami, Kazuhiro Ueda, Toshiki Tanaka, Taiga Kobayashi, Kimikazu Hamano. Grading Of Emphysema Is Indispensable For Predicting Prolonged Air Leak After Lung Lobectomy. The Annals of Thoracic Surgery 105 4 1031-1037 2018

  7. 症例報告 吉田久美子, 上田和弘, 村上順 一, 田中俊樹, 岡部和倫, 濱野公一 右中葉低 形成に発生した原発性肺癌の4 例 日本呼吸器外 科学会雑誌 32 4 517-522 2018

  8. 症例報告 大塚 遼, 上田和弘, 田中俊樹, 村上順一, 小賀厚徳, 濱野公一 リンパ節浸潤 を認めた気管支顆粒細胞腫の 1 例 肺癌 58 3 221-226 2018

【2016年】
  1. 溝口高弘, 村上順一, 佐野史歩, 林 雅太郎, 上田和弘, 濱野公一
    神経内分泌的形態をもつ大細胞癌と腺扁平上皮癌からなる異時性多発肺癌の1例
    山口医学 65 2 95-100 2016

  2. 井上 貴之, 村上 順一, 佐野 史歩, 林 雅太郎, 上田 和弘, 濱野 公一
    小細胞肺癌の化学放射線療法後に被照射肺に発生した腺癌の1切除例
    日本呼吸器外科学会雑誌 30 5 584-588 2016

  3. 岩本圭亮、村上順一、佐野史歩、林 雅太郎、上田和弘、小賀厚徳、濱野公一
    後縦隔 Muller管嚢胞の1例
    日本臨床外科学会雑誌 77 8 1917-1922 2016

  4. Junichi Murakami, Kazuhiro Ueda, Masataro Hayashi, Tomoko Kondo, Kimikazu Hamano.
    The experimental validation of free fat grafts in thoracic surgery.
    Interactive CardioVascular and Thoracic Surgery 23 4 653-655 2016

  5. Junichi Murakami, Kazuhiro Ueda, Masataro Hayashi, Taiga Kobayashi, Yoshie Kunihiro, Kimikazu Hamano.
    Size-capacity mismatch in the lung: A novel predictor for complications after lung cancer surgery.
    Journal of Surgical Research 209 131-138 2017

【2015年】
  1. Junichi Murakami, Kazuhiro Ueda, Fumiho Sano, Masataro Hayashi, Nobuyuki Tanaka, Kimikazu Hamano.
    Prediction of postoperative dyspnea and chronic respiratory failure.
    Journal of Surgucal Research 195 1 303-310 2015

  2. Kazuhiro Ueda, Junichi Murakami, Fumiho Sano, Masataro Hayashi, Kazuyoshi Suga, Kimikazu Hamano.
    Similar radiopathological features, but different postoperative recurrence rates, between Stage I lung cancers arising in emphysematous lungs and those arising in nonemphysematous lungs.
    European Journal of Cardio-Thoracic Surgery 47 5 905-911 2015

  3. Kazuhiro Ueda, Masataro Hayashi, Nobuyuki Tanaka, Yoshinobu Hoshii, Toshiki Tanaka, Kimikazu Hamano.
    Surgery for Undiagnosed Ground Glass Pulmonary Nodules: Decision Making Using Serial Computed Tomography World.
    Journal of Surgery 39 6 1452-1459 2015

  4. Kazuhiro Ueda, Junichi Murakami, Fumiho Sano, Masataro Hayashi, Taiga Kobayashi, Yoshie Kunihiro, Kimikazu Hamano.
    Assessment of volume reduction effect after lung lobectomy for cancer.
    Journal of Surgical Research 197 1 176-182 2015

【2014年】
  1. Kazuhiro Ueda,Masataro Hayashi,Nobuyuki Tanaka,Toshiki Tanaka,Kimikazu Hamano.
    Long-term pulmonary function after major lung resection.
    General Thoracic and Cardiovascular Surgery 62 1 24-30 2014

  2. 春木貴史、上田和弘、林 雅太郎、田中俊樹、濱野公一.
    肺野末梢に発生し、肺癌の臨床像を呈した扁平上皮腺上皮性混合型乳頭腫の1例.
    日本呼吸器外科学会雑誌 28 2 230-234 2014

  3. 村上順一、上田和弘、佐野史歩、林雅太郎、濱野公一.
    バセドウ病を伴う胸腺腫合併重症筋無力症の1治療例.
    山口医学 63 2 161-166 2014

  4. 村上順一、上田和弘、佐野史歩、林雅太郎、濱野公一.
    自動縫合器による肺実質切離後の残存肺の変化.
    胸部外科 67 10 867-872 2014

  5. 林 雅太郎、溝口高弘、村上順一、佐野史歩、上田和弘、濱野公一.
    完全胸腔鏡下手術における肋間神経ブロックの有用性.
    日本呼吸器外科学会雑誌28 6 9-14 2014

  6. 中村玉美、須藤学拓、小林成紀、玉井 允、上田和弘、濱野公一.
    混合型大細胞神経内分泌癌と紡錘細胞癌の異時性多発肺癌に対する1手術例.
    日本呼吸器外科学会雑誌28 6 26-32 2014

  7. Kazuhiro Ueda, Fumiho Sano, Junichi Murakami, Masataro Hayashi, Taiga Kobayashi, Yoshie Kunihiro, Kimikazu Hamano.
    Does pulmonary resection promote the progression of unresected ground-glass nodules?.
    Anticancer Research 34 12 7401-7406 2014

  8. 上田和弘、岡田守人.
    第3章 呼吸器外科・看護の各論II 疾患 8.外傷 ナースのためのパーフェクトガイド 呼吸器外科の術前術後ケア.
    株式会社 メディカ出版 228-239 2014.4.5

【2013年】
  1. Kazuhiro Ueda,Toshiki Tanaka,Masataro Hayashi,Nobuyuki Tanaka,Tao-Sheng Li,Kimikazu Hamano.
    Right middle lobe transposition after upper lobectomy:influence on postoperative pulmonary function.
    Thoracic and Cardiovascular Surgeon 61 2 138-143 2013

  2. Atushi Suga,Kazuhiro Ueda,Yoshihiro Takemoto,Arata Nishimoto,Tohru Hosoyama,Tao-Sheng Li,Kimikazu Hamano.
    Significant role of bone marrow-derived cells in compensatory regenerative lung growth.
    Journal of Surgical Research 183 1 84-90 2013

  3. 田中裕也、上田和弘、林 雅太郎、田中俊樹、濱野公一.
    前胸壁の広範囲欠損部をePTFEメッシュにて再建した再発性軟骨肉腫の1例.
    日本呼吸器外科学会雑誌 27 5 600-604 2013

  4. Kazuhiro Ueda,Masataro Hayashi,Toshiki Tanaka,Kimikazu Hamano.
    Omitting chest tube drainage after thoracoscopic major lung resection.
    European Journal of Cardio-Thoracic Surgery 44 2 225-229 2013

  5. 小林成紀、林 雅太郎、上田和弘、濱野公一.
    十二指腸転移を来したラブドイド形質を伴う大細胞肺癌の1例.
    山口医学 62 4 235-239 2013

【2012年】
  1. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Li T-S,Tanaka N,Hamano K.
    Right middle lobe transposition after upper lobectomy:influence on postoperative pulmonary function.
    Thorac Cardiovasc Surg 2012;In press

  2. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Tanaka N,Hoshii Y,Li T-S,Hamano K.
    Thoracoscopic coaxial cutting needle biopsy for clinically suspected lung cancer:technical detail,diagnostic accuracy,and probable complications.
    Surg Endosc 2012;26:1865-70

  3. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Li T-S,Hamano K.
    Verification of early removal of the chest tube after absorbable mesh-based pneumostasis subsequent to video-assisted major lung resection for cancer.
    World J Surg 2012;36:1603-7

  4. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Li T-S,Tanaka N,Hamano K.
    What proportion of lung cancers can be operated by segmentectomy? a computed tomography-based simulation.
    Eur J Cardiothorac Surg 2012;41:341-5

  5. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Li T-S,Tanaka N,Hamano K.
    Clinical ramifications of bronchial kink after upper lobectomy.
    Ann Thorac Surg 2012;93:259-65

  6. Takahashi S,Tanaka N,Okimoto T,Tanaka T,Ueda K,Matsumoto T,Ashizawa K,Kunihiro Y,Kido S,Matsunaga N.
    Long term follow-up for small pure ground-glass nodules:implications of determining an optimum follow-up period and high-resolution CT findings to predict the growth of nodules.
    Jpn J Radiol 2012;30:206-17

  7. Tanaka T,Ueda K,Hayashi M,Mikamo A,Tanaka N,Hamano K.
    Left upper lobectomy with combined resection of distal arch aorta after chemoradiotherapy for locally advanced lung cancer.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 2012;60:363-6

  8. 須藤学拓、佐野史歩、植木幸一、玉井 允、上田和弘、濱野公一.
    壁側胸膜に発生したと考えられたMALTリンパ腫の1切除例.
    日本呼吸器外科学会雑誌 2012;26:184-8

  9. 田中俊樹、上田和弘.
    左房後面を占拠する迷走神経発生神経鞘腫に対し3ポート完全胸腔鏡下摘出術を行った1例.
    日本呼吸器外科学会雑誌 2012;26:391-5

  10. 中村玉美、上田和弘、田中俊樹、林 雅太郎、濱野公一.
    Combined large cell neuroendocrine carcinomaの2例.
    日本呼吸器外科学会雑誌 2012;26:577-83

  11. 林 雅太郎、上田和弘、田中俊樹、濱野公一.
    縦隔疾患に対する3ポート完全胸腔鏡下手術の応用.
    胸部外科 65 11 950-954 2012

  12. 林 雅太郎、上田和弘、田中俊樹、濱野公一.
    肺動脈と気管支を自動縫合器で一括切離した原発性肺癌手術症例の検討.
    日本呼吸器外科学会雑誌 26 7 700-703 2012

【2011年】
  1. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Li T-S,Kaneoka T,Tanaka N,Hamano K.
    Compensation of pulmonary function after upper lobectomy versus lower lobectomy.
    J Thorac Cardiovasc Surg 2011;142:762-7

  2. Ueda K,Tanaka T,Hayashi M,Li T-S,Tanaka N,Hamano K.
    Mesh-based pneumostasis contributes to preserving gas exchange capacity and promoting rehabilitation after lung resection.
    J Surg Res 2011;167:e71-e75

  3. Hayashi M,Tanaka T,Ueda K,Enoki T,Tanaka N,Gondo T,Hamano K.
    Mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma arising in esophagus,stomach,and lung.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 2011;59:826-30

  4. Li T-S,Ikeda S,Kubo M,Ohshima M,Kurazumi H,Takemoto Y,Ueda K,Hamano K.
    Diabetic impairment of c-kit+ bone marrow stem cells involves the disorders of inflammatory factors,cell adhesion and extracellular matrix molecules.
    PLoS ONE 2011;10:e25543

  5. Takemoto Y,Li TS,Kubo M,Ohshima M,Ueda K,Harada E,Enoki T,Okamoto M,Mizukami Y,Murata T,Hamano K.
    Operative injury accelerates tumor growth by inducing mobilization and recruitment of bone marrow-derived stem cells.
    Surgery 2011;149:792-800

  6. Tanaka T,Ueda K,Hayashi M,Hamano K.
    Totally thoracoscopic resection of a superior mediastinal tumor extending above the thoracic inlet.
    J Thorac Cardiovasc Surg 2011;141:1323-5

  7. 上田和弘、田中俊樹、林雅太郎、濱野公一、田中伸幸.
    COPDの自然歴をめぐって 呼吸器外科医からみたCOPD 特に肺気腫が手術成績に及ぼす影響について(解説).
    呼吸 30巻9号:841-4.2011

  8. 佐野史歩、須藤学拓、植木幸一、田中俊樹、上田和弘、濱野公一.
    腹膜透析中の横隔膜交通症に対し胸腔鏡下横隔膜縫縮術を施行した2例.
    日本呼吸器外科学会雑誌 2011;25;794-9