専門医研修について

初期臨床研修医の皆様へ

山口大学医学部産科婦人科では、卒後臨床研修を終了された皆様の入局を積極的に受け入れています。山口大学の卒後臨床研修を終了された方はもちろんのこと、他の施設での研修をされた方も大歓迎いたします!

周産期医学、婦人科腫瘍医学、不妊・生殖内分泌学と多岐にわたる産科婦人科領域の専門知識と臨床技術を修得して、産科婦人科専門医として自立するための研修プログラムを用意しています(山口大学産婦人科専門研修プログラム)。



 

入局後(後期研修)の研修プログラムの概要

山口大学医学部附属病院産婦人科を基幹施設とし、連携施設とともに施設群を形成して専攻医の指導にあたります。基本的には基幹施設と症例数が豊富な連携施設である3施設(済生会下関総合病院,山口県立総合医療センター,徳山中央病院)で3年間ローテートすることで周産期、婦人科腫瘍、生殖医療、女性ヘルスケアの4領域を万遍なくかつ十分に研修することが可能となります。尚、希望があればそれ以外の連携施設での研修も可能です。



 

 病気療養や産休などにより長期休職を余儀なくされる場合、育児のために労働時間が制限される場合には「復帰支援コース」を設けており、個人の状況に合わせて研修内容を作成します。6ヶ月以内の休職期間であれば、最短で3年間での研修修了が可能です。3年間で修了要件に満たない場合は1年単位で研修期間を延長していきます。最終的に専門医を名乗るに足る産婦人科医として、修了年の翌年度に産婦人科専門医試験を受検し、専門医を取得してプログラムの修了と認定いたします。



 

研修終了後の選択

専門医取得後には、「臨床重点コース」として産婦人科4領域の医療技術向上およびsubspecialty専門医取得を目指す臨床研修や、「臨床・研究両立コース」としてリサーチマインドの醸成および学博士号取得を目指す研究活動を提示しています。周産期班、生殖内分泌班、婦人科腫瘍班の3つの研究グループがあり、海外留学や国内研修も積極的に行っています。



 

書類等

 山口大学産婦人科専門研修プログラム(平成29年度) 

 山口大学産婦人科専門研修プログラム(平成30年度) 応募申請書  履歴書

*「専門研修プログラム」は、日本産科婦人科学会の一次審査を通過したものであり、まだ日本専門医機構の二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください。