診療案内

循環器内科

科長 矢野 雅文 教授
主任 小林 茂樹 准教授

循環器内科
  1. 心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患
  2. 心筋症・心筋炎
  3. 心臓弁膜症
  4. (種々の原因による)心不全
  5. 不整脈
  6. 高血圧・高コレステロール血症
特殊な診断・治療技術
  1. 心臓を養っている血管である冠動脈の閉塞・狭窄が心筋梗塞や狭心症を起こす原因ですが、冠動脈の狭窄部位をバルーンで拡張したり、またステントと呼ばれる金属をその部位に植え込んで再狭窄を予防する治療を行っています。
  2. 血管内エコー、血管内視鏡、血管内血流測定ワイヤーなどを用いて、冠動脈の動脈硬化の程度を直接観察できる検査を行い、血管造影だけではなくより綿密な冠動脈疾患の検査を行っています。
  3. 独自に開発した心エコーの画像技術であるASMA(自動局所壁運動解析装置)を用いて、心臓の動きを正確に捉える検査を行っています。
  4. 不整脈の原因となる異常な心筋組織をカテーテルで内科的に焼灼して根治するアブレーションと呼ばれる治療を行っています。
  5. 心臓中の電気の流れや不整脈の発生部位をコンピューター画像で表示できるマッピングシステム(カルトシステム)が導入され、これまで以上に不整脈の診断治療の精度が向上いたしました。
  6. 多くの最重症心不全患者の治療には薬物療法だけでなく両室ペーシングや種々の装置(アシストデバイス)を用いた非薬物療法を行っています。
  7. CCU(冠動脈疾患ケアユニット)は24時間体制で稼働しており,いつでも循環器救急患者さんに迅速に対応できるようになっています。
セールスポイント

最新の画像技術を駆使した心臓病の診断と新しい治療法の開発や、慢性心不全患者さんの生命予後の改善をめざした新しい治療法,治療薬の開発に力を入れています。