トップページ > 腫瘍センター長挨拶

腫瘍センター長挨拶


山崎 隆弘 センター長
平成18年10月に腫瘍を専門に診療・教育・研究する部門として山口大学医学部附属病院に腫瘍センターが設立されました。腫瘍センターは、がん相談支援室、院内がん登録室、外来腫瘍治療部、緩和ケアチームの4部門を統括し、最先端のがん治療を提供することを目的としています。
がん相談支援室は、患者・ご家族からの様々な相談に対して、専門の担当者が対応しています。院内がん登録室は、がんに対する情報を蓄積し、これからのがん治療に役立てています。外来腫瘍治療部は、患者さんが安心して快適な外来化学療法を受けて頂けるように、きめ細かなサービスを提供しています。緩和ケアチームは、医師・看護師・薬剤師・MSW(医療ソーシャルワーカ)など、いろいろな職種のスタッフがメンバーとなり患者さんのサポートを行っています。
平成19年1月には、厚生労働省より、都道府県がん診療連携拠点病院に認可され、山口県全体のがん治療の中心的役割を担うこととなりました。
今後、山口県のがん診療の充実を図るため、スタッフ一同努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。