環境情報発見し・はぐくみ・形にする地の広場 山口大学
学長写真  山口大学は、9学部9研究科からなる学生数1万人を超える総合大学です。1815年、長州藩士 上田鳳陽によって創設された私塾「山口講堂」が源流であり、2015年に創基200年を迎え、歴史ある風土に培われてきました。本学は、「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」の理念の基に、教育・研究・社会貢献の3本の矢により地域の発展、日本そして世界の発展に貢献することを目指しています。  
 さて、近年の環境を取り巻く問題として、地球温暖化が特に重要視されています。地球温暖化は、エネルギーや経済に関する政策により大きく影響を受けるものです。また、この影響は日本だけの問題に留まらず、地球全体のものとして国際的に議論が進められています。  
 こうした中、本学では地球温暖化防止対策として、スローガン「環境対策 最初の一歩は一人一人の心がけ 」を合い言葉に環境配慮活動を推進するとともに、環境配慮活動に関する具体的な基本方針と活動目標を「山口大学の環境目標」として定め、事業活動による環境負荷の低減、環境貢献技術の創出、地域との協調・コミュニケーション等、それぞれに詳細な活動内容を掲げ、学生・教職員に展開しています。  
 事業活動による環境負荷の低減については、省エネ法や温対法等の環境関連法令の遵守を重要な課題と受け止め、エネルギー消費量や温室効果ガス排出量を前年度比で1%以上の低減に努めることとして、学内、ステークホルダー、バリューチェーンまで活動の輪を広げていきます。  
 環境貢献技術の創出については、教育面において山口大学の置かれている社会・地域環境の現状を理解し、幅広く学習することで地球温暖化防止にチャレンジする人材の育成を推進します。研究面では、省エネ対策の技術の創造、エコ社会体制の提案、人間と生物の共生などの専門分野において環境負荷低減手段の開発等、最先端の研究成果を生み出す研究体制を推進します。  
 さらに、地域との協調・コミュニケーションでは、地方創生を推進するカリキュラムを導入し、自治体や地域産業との結びつきを強固にすることで地域に求められる大学として発展できるように考えています。  
 山口大学の環境配慮活動は、学生・教職員が自ら地球温暖化防止に関心を持ち、組織全体で目標を目指し継続的な改善に取り組むことで、地域の皆様と共に歩んでいきたいと思います。  
                                         山口大学長 岡 正朗 
 2019年度 山口大学の「環境目標と行動計画」
                       
2019環境目標と行動計画
環境目標と行動計画

2018環境報告書評価
昨年度達成状況
 本学の環境配慮に関する基本方針に基づき、環境マネジメント対策推進会議より2019年度の「環境目標と行動計画」を公表します。  
 環境配慮に関する基本方針では、1.事業活動における環境負荷の低減、2.環境貢献技術の創出、3.環境モラルの醸成、4.地域との協調・コミュニケーション、5.法規制の遵守、6.環境マネジメントシステムの整備・充実を掲げ、国際的に我が国も合意しているSDGs(持続可能な開発目標)や国民運動「COOL CHOICE」とCO2削減県民運動「ぶちエコやまぐち」を意識して環境配慮活動の推進に努めます。
 なお、本学学生から寄せられた本年度環境対策スローガンでは、「学ぼう山大 減らそうムダ 増やそう笑顔」が採用されています。総合大学の教育・研究環境を最大限に活かし、地球温暖化対策としてのCO2排出量削減による緩和策や異常気象への適応策などの研究開発を推進し、次世代に笑顔を繋ぐ環境配慮活動を活性化していきたいと思いますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。  
 また、昨年度の「環境目標と行動計画」の達成状況につきましては、本学の「環境報告書2018」にて掲載されています。
 第三者有識者コメントでは、山口市環境部より全体的に高い評価を頂きましたが、更なる環境影響削減活動の促進という意味で「賢い選択」の実践、異常気象への「適応策」の位置づけを明確にした上での環境貢献技術の創出など、研究機関としての取り組みと広がりに期待されているとの意見を頂きました。  
 本学で定める数値目標につきましては、一部未達成の項目がありました。特にエネルギー消費量や廃棄物量が前年度よりも増加していますので、今年度は目標を達成するため削減に取り組んで頂きますようお願いいたします。
 環境報告書

環境白書2018
2018
環境白書2017
2017
環境白書2016
2016
環境白書2015
2015
環境白書2014
2014

2013

2012

2011

2010

 山口大学の現在の電力使用量

吉田キャンパス

使用電力(kW)/契約電力(2,876kW)
 警戒値(2,600kW)  契約電力(2,876kW)
JavaScriptでグラフを表示しています。

契約電力の超過を抑制するため、警戒値を設け、この値を超えないよう節電に努めるものとする。

 警戒値(2,600kW)  契約電力(2,876kW)
JavaScriptでグラフを表示しています。

常盤キャンパス

使用電力(kW)/契約電力(2,100kW)
 警戒値(1,950kW)  契約電力(2,100kW)
JavaScriptでグラフを表示しています。

契約電力の超過を抑制するため、警戒値を設け、この値を超えないよう節電に努めるものとする。

 警戒値(1,950kW)  契約電力(2,100kW)
JavaScriptでグラフを表示しています。

小串キャンパス

使用電力(kW)/契約電力(5,400kW)
 警戒値(5,292kW)  契約電力(5,400kW)
JavaScriptでグラフを表示しています。

契約電力の超過を抑制するため、警戒値を設け、この値を超えないよう節電に努めるものとする。

 警戒値(5,292kW)  契約電力(5,400kW)
JavaScriptでグラフを表示しています。
 各地区・学部等の光熱水量の分析資料(学内限定)

 その他の環境情報(学内限定)
このウェブページは、施設環境部 施設企画課 環境保全係が管理運営しています。
【施設環境部 施設企画課 環境保全係】 
TEL:083-933-5125  FAX:083-933-5141  Email:si097@yamaguchi-u.ac.jp