トップページ > 診療内容

診療内容

最新の知見にもとづいた患者さんに優しい診療を提供しています。脳神経外科すべての領域に専門医をそろえています。

脳血管障害
くも膜下出血と脳動脈瘤に対しては開頭手術とカテーテルを用いた脳血管内塞栓術のうち、患者さんに適した方法を選んでいます。脳梗塞の超急性期には血栓溶解療法を行います。各種脳卒中に対する内科的治療や予防医療にも取り組んでいます。例えば脳虚血状態の患者さんには脳梗塞を予防するために外科的治療(脳血管バイパス手術、内頚動脈血栓内膜剥離術)または血管内治療(経皮的血管形成術)を行っています。
脳腫瘍
脳腫瘍手術を安全に行うため、術前のMRIでは腫瘍の位置ばかりではなく、神経線維の位置を見ています。手術中はそれをコンピューターでナビゲーションできます。麻酔中でも患者さんの手足の運動能力や会話の能力を測りながら手術を行います。放射線療法や化学療法も行っており、定位放射線療法は厚南セントヒル病院と提携して行っています。下垂体腫瘍に対しては患者さんに負担の少ない鼻孔からの手術を行っています。
神経外傷
日本神経外傷学会のガイドラインに従った管理目標を設定して24時間体制で厳重な管理を行っています。重症頭部外傷の患者さんには低体温療法を行って脳の腫れを軽くし、脳を保護する治療をしています。命が助かり機能回復がみられる患者さんが増えています。
機能神経外科(てんかん・パーキンソン病)
薬の効果が不十分なパーキンソン病やてんかんを手術で治療しています。無動症や振戦などの不随意運動症には電極を埋め込んで刺激療法を行っています。てんかんにはビデオと脳波の同時記録を行って、見つけた焦点を切除しています。顔面の痙攣や痛み、手足の頑固な痛みに対する手術も行っています。
小児神経外科
水頭症に対する神経内視鏡手術または脳室腹腔シャント術や、各種の二分脊椎症に対する手術を行っています。頭蓋縫合早期癒合症、脳性麻痺、モヤモヤ病、脳腫瘍、頭部外傷、てんかんなど、さまざまな疾患から脳・神経を守り、こどもが発達できるよう、手術・薬・リハビリを組み合わせて治療を行っています。
脊椎・脊髄外科
脊髄は脳と同じ中枢神経ですから、脳に起こる病気は全て脊髄にも発生します。脳血管障害、脳腫瘍、機能脳神経外科、小児脳神経外科の専門医と協力しながら、脊髄疾患のより良い治療を目指します。加えて脊椎には「動く」能力を保つ必要があるため、棘突起の温存、椎弓の形成を基本に、筋肉の損傷をできるだけ避けるような手術を心がけております。

 

 

診療実績(平成30年1月-12月)

手術数:総数558
脳腫瘍59件、破裂脳動脈瘤19件、未破裂脳動脈瘤13件、脳動静脈奇形2件、虚血性脳疾患9件、脳内出血21件、
神経外傷43件、 小児3件、水頭症54件、脊椎脊髄12件、機能的脳神経外科54件、脳血管内手術160件、その他53件、
total502件

本院で脳神経外科治療を受けた患者さんへのお願い