臨床検査を終了した残余検体の業務、教育、研究のための使用について
山口大学医学部附属病院検査部は、附属病院の理念・目的のひとつである「世界に発信する先進的医療の推進」を目指しております。このなかで検査業務、医学教育、臨床研究を実施するのに欠かせないのが、患者さんから採取して臨床検査を終えた残余検体の再利用です。残余検体の再利用については「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について―日本臨床検査医学会の見解―」を遵守し行っております。

例えば、残余検体を用いることで検査精度の維持と改善が可能となり、新しい検査法の開発と確立が可能になります。また教育機関でもある当病院では、医療従事者(医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師など)、学生あるいは研修生の医学教育に大変役立ちます。さらに残余検体からは多くの知見が得られるため、臨床研究において欠くことはできません。

患者さんにおかれましては、これらの残余検体の再利用の趣旨をご理解頂ましてご協力を賜りますようお願い申し上げます。なお、研究目的の使用は、院内の適切な審査を経て行います。

残余検体を再利用時には、患者さんの個人情報や検査データについての守秘義務を順守し、患者様が不利益を被ることはありません。また費用の生じることもありません。

患者さんのなかで「同意できない」あるいは「残余検体を使わないでほしい」というご意見をお持ちの方は、大変お手数ですが、採血時に担当者までお申し出ください。

山口大学医学部附属病院長
田口 敏彦
連絡先:山口大学医学部附属病院 検査部
代表者:山﨑 隆弘
連絡先:水野 秀一
電話:0836-22-2582
FAX:0836-22-2584
E-mail kensa@yamaguchi-u.ac.jp
研究活動へもどる
ご挨拶
検査部について
部門紹介
生化学・免疫検査室
血液検査室
一般検査
生理機能検査室
微生物検査室
遺伝子検査室
スタッフ紹介
研究活動
外来採血のご案内
採用・研修情報 (外部リンク)
臨床検査・腫瘍学分野(外部リンク)
HOME
山口県宇部市南小串1-1-1
TEL:0836-22-2582
kensa@yamaguchi-u.ac.jp
Copyright(c) Yamaguchi University Hospital Division of Laboratory All Rights Reserved.