一般検査室
尿・糞便・髄液・穿刺液(胸水・腹水・関節液など)の検査を行っています。
尿検査
尿検査は腎臓や泌尿器系の疾患、糖尿病などのスクリーニング検査として有用です。
尿定性検査 試験紙を用いた検査で、蛋白・糖・潜血・白血球などの成分が、尿中にどのくらい含まれているかを検査することで、体の健康状態をチェックすることができます。
尿沈渣検査 尿中に出現している細胞や成分などを、顕微鏡で確認します。
尿定性試験は試験紙を用いた検査で、蛋白・糖・潜血・白血球などの成分がどれくらい含まれているかを調べることで、体の健康状態をチェックできます。
尿沈渣検査では、さらにくわしく顕微鏡で細胞や成分などを確認します。これらの検査は腎臓や泌尿器系の疾患、糖尿病などのスクリーニング検査として有用です。
糞便検査
便潜血検査は、大腸がんや大腸ポリープなどの下部消化管出血が起こる疾患のスクリーニング検査として有用です。
また、糞便を顕微鏡で観察し、寄生虫感染の有無を調べる検査も行っています。
髄液検査
髄液は中枢神経系の病態を反映します。
髄液中の細胞数や細胞鑑別、蛋白・糖などを検査し、感染症などの鑑別を行います。
穿刺液検査
胸水や腹水、心嚢液は、細胞数や種類、蛋白・糖などを検査することで、体液が貯留した原因を調べます。
関節液は細胞数の測定と関節炎の原因となる結晶の鑑別を検査します。
ご挨拶
検査部について
部門紹介
生化学・免疫検査室
血液検査室
一般検査
生理機能検査室
微生物検査室
遺伝子検査室
スタッフ紹介
研究活動
外来採血のご案内
採用・研修情報 (外部リンク)
臨床検査・腫瘍学分野(外部リンク)
HOME
山口県宇部市南小串1-1-1
TEL:0836-22-2582
kensa@yamaguchi-u.ac.jp
Copyright(c) Yamaguchi University Hospital Division of Laboratory All Rights Reserved.