血液検査室
血液検査は、血液疾患の病態解析、診断、治療効果判定、経過観察、予後推定に必須です。感染症、悪性腫瘍、肝・腎疾患など、多種多様な全身性疾患のスクリーニング検査としても重要です。
末梢血液の血球数算定とその血球形態を観察・分類、骨髄検査や、細胞表面抗原マーカーなどを解析しています。
また、生体内の止血機構の状態を把握するために、凝固機能検査、線溶機能検査、血小板機能検査(粘着・凝集)などを実施しています。
末梢血検査
赤血球数、白血球数、血小板数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値などを自動血球装置で測定し、貧血や感染症の有無を調べます。また、血液標本を作製し、顕微鏡で血球の形態を観察・分類します。
骨髄検査
骨髄穿刺により採取された骨髄細胞の形態を観察・分類し、白血病細胞などを検出します。骨髄機能の評価と造血器腫瘍の診断に必要な検査です。
表面マーカー検査
白血病,悪性リンパ腫などの造血器腫瘍の診断ならびに治療計画のために表面マーカー検査を行っています。また感染症におけるリンパ球サブセット検査(ヘルパーT細胞,サプレッサーT細胞の比率)、造血幹細胞移植に用いる幹細胞採取時のCD34陽性細胞比率の迅速検査も行っています。
血小板機能検査
血小板の粘着能および凝集能を測定して、血小板機能障害の有無を調べます。 また、脳梗塞、心筋梗塞などに対する抗血小板剤の適応や治療効果の判定に用います。
凝固・線溶検査
止血異常(出血性傾向と血栓性傾向)の有無を調べる検査を行っています。
また、抗血栓薬の効果判定などに利用されています。
ご挨拶
検査部について
部門紹介
生化学・免疫検査室
血液検査室
一般検査
生理機能検査室
微生物検査室
遺伝子検査室
スタッフ紹介
研究活動
外来採血のご案内
採用・研修情報 (外部リンク)
臨床検査・腫瘍学分野(外部リンク)
HOME
山口県宇部市南小串1-1-1
TEL:0836-22-2582
kensa@yamaguchi-u.ac.jp
Copyright(c) Yamaguchi University Hospital Division of Laboratory All Rights Reserved.